全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室愛知 中山将棋塾 スクールブログ 11月30日N...

11月30日NHK杯 ▲羽生善治 対 △森内俊之

さぁ今回は、羽生森内戦です。

まぁ今更言うまでもありませんが、ライバル同士の対決ですね。(^^)/

戦型は、角換わりになりました。

まぁレベルが高すぎて何を書いたら良いかわかりませんが、とにかくこの一局は、森内の受けの手が冴えわたっていました。

その中で印象的な手がこちら↓

局面図
写真は、後手が△1三玉と指した局面です。

この手は、2四の歩を取りながら入玉を目指そうと言う手です。

確かに、玉頭に敵の歩があると、終盤でかなり危険になる事が多いので、取り払っておきたいのですが、玉自ら取りに行く手は勇気がいりますよね?(笑)

しかし、受けの強い人は、けっこうこの様な手を指します。

よく、この様な手を、『玉を捌く手』と言われたりします。

私は、受けにあまり自信がないので、なかなか指せませんが・・・(^_^;)

皆さんは、受けに自信ありますか?

11月30日NHK杯 ▲羽生善治 対 △森内俊之

(2014年12月3日(水) 23:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

名門将棋部で部長を務めた現役大学生棋士が、あなたの良き対戦相手に

中山将棋塾
中山翔太 (将棋)

名古屋・金山・鶴舞・千種・八田・神宮前・栄生・栄・七宝・中村日赤・伏見・新栄町・今池...

ブログ記事 ページ先頭へ