サイタ趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ 純振り飛車党が...

純振り飛車党が角換わり居飛車を勉強してみる。(結論?)

結局角換わりを指すためには、もう一つ、相掛り系か矢倉系の居飛車を指さなければならないということが判りました。

【先手番】
しかたがない?ので、升田流縦歩取り1間飛車(9間飛車)を選択することにしました。
①初手26歩に対して、84歩ならば、25歩、85歩、96歩と突いて縦歩取り型のして、早い段階で95歩と突きこす、あとは96飛車から、角道をあけます。初期の升田式早石田の変形につながる指し方になります。(たぶん、本人以外の実戦譜はないのでは。)
②34歩ならば、25歩、33角、で76歩とついて22銀を期待します。相手が角換わりが得意ならば、後手番1手損なしの、飛車先保留型なので、乗ってこない訳はありません。
後手が振り飛車党ならば、どうしても角換わり居飛車にはならないので、単純確率で25%で角換わり、25%が升田式縦歩取り、残り50%が対振り飛車となります。

【後手番】
初手84歩を祈りつつ
①84歩、76歩、85歩(やった)、77角、(へんなことしないでね?)、34歩、88銀、77角成、同銀(よかった)
②34歩、76歩、(たのむ?相掛系に来てくれ!)、84歩、22角成(1手損角換わり完成)とします。84歩以外なら、普通はいろんな振り飛車対抗系ですね。居飛車系なら、常に1手損角換わりを目指します。単純確率で50%が角換わり、50%が対振り飛車となりやすい感じですね。

【結論】相手が居飛車党なら、先手番では26歩、後手番なら先手がどのように来ても76歩とする。相手が振り飛車党ならあきらめる?となりました。
たまには、先手76歩として、1手損(そうは言わないでしょうが)角換わりとして、経験値をあげることも必要となります。

純振り飛車党が角換わり居飛車を勉強してみる。(結論?)純振り飛車党が角換わり居飛車を勉強してみる。(結論?)

(2014年7月24日(木) 10:43)

前の記事

次の記事

新着記事

将棋ソフトを使ったトレーニング 2枚落ちから互先まで同じ戦法で戦います。 今多用しているのが5筋位取りです。 5筋位取りはある意味では必勝法とも言えます。 昔は「天王山」とも言われていましたが、速度重視の現在では軽視する風潮があります。(中飛車は別) そこにメスを入れて見ました。 ...

「小学生(低学年)に将棋を教える」ことに関して。 羽生名人の著書にありますが、羽生名人であっても町道場に入門して、13級から30連敗してやっと勝ったとあります。確かに、駒の動かし方もおぼつかないレベルから小学生名人(アマ4段格?)になるまでの遠い道のりをどのようにして強くなるのかは非常に興味...

ひょんなことから、ゴキゲン中飛車を試すことになり、まずは、つの銀型の戦型を試しています。まずは、激指4レベルです。 先手中飛車で、ゴキゲン風に構えます。 56歩、84歩、76歩、85歩、77角、54歩の出だしです。 居飛車側は、55歩止めを拒否した形です。 58飛車、62銀、68銀、3...

前回、けっきょくソフト指しの疑惑は「通信記録を開示できなければ」限りなく「黒」ですし、開示すれば、限りなく「白」です。 と記載して、終わりにしていますが、もう少し丁寧に説明をしてみたいと思います。 ① 携帯(スマホ)とパソコンのスペック差について。  スマホとパソコンではハード的...

「ソフト指しの疑惑について」 ソフトを利用してコーチングしている私にとって、非常に身近な事だと思いました。 私も、yahooで良く指していたときは、弱いくせに「ソフト指し」の疑いをよくかけられていました。 レーティング2100(四段)前後だったのですが初級から始めるため、70連勝して...

ブログ記事 ページ先頭へ