全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ 動物将棋につい...

動物将棋について

3連休で、子供2人と孫3人が遊びに来ています。すべて女性なので、騒がしいです。ここで、孫と動物将棋のレベルの関係が面白いので、書いてみます。
孫一(小学校4年生)孫二(小学校1年生)孫三(幼稚園年少組み)です。

私の作戦的には、一番下の孫三に並べ方を教えました。
初期配置図の説明書を見ながらその通り並べるだけです。
あってると褒めてあげます。「ぎゃはは」と喜びます。
それをみていた孫二が指そうと言い出しました。学校で遊んでいるそうで、子供らと指して、2回勝ったことがあるそうです。どちらが先に指すのかを決めようとしたら、後手番が良いとの返事(これは、あなどれない?後手必勝ですから!)なので、指しました。孫二は途中で間違えてしまい、結果は負けですが、指しながら、目が上目側に動いています。(前頭葉を使っていることがわかります。)いわゆる、「羽生にらみ」みたいになりますね。もう一回ときましたが、そこで、重みを持たせて、またねと答えました。(少し残念そうでしたが)
そこに、孫一が登場して、孫二との対決です。孫一は体育会系?で、弱く、2-3回負けて、「もーやめた」でした。次は母親に声をかけていました。
上達のポイントは定石どおり、孫二からみて
①強い師匠(私)
②少し強いコーチ(母親)
③ライバル(孫一)
の存在ですね。環境はそろっていますね。
(孫三に教えようとしていましたが、年少組みには無理?)

動物将棋について

(2014年7月22日(火) 6:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

将棋歴50年以上の大ベテラン!ネット対戦が日課の気さくな講師とレッスン

一道の将棋教室
山田一道 (将棋)

新橋・五反田・上野・大井町・大森・蒲田・浅草・押上・自由が丘・田園調布・不動前・武蔵...

ブログ記事 ページ先頭へ