サイタ趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ 純振り飛車党が...

純振り飛車党が角換わり居飛車を勉強してみる。(その二)

今日は、初心者向きに角換わり将棋の勉強です。
(先手番の場合)
出だしは、先手76歩がわかりやすいですね。

①34歩に22角成りと1手損(?)で、祈りながら、88銀、84歩とくれば、ほとんど、できあがりですね。(後手番1手損が有力なら、先手1手損はもっと有効?)

②84歩とくると、すこし面倒ですが78金として、
 1)85歩には77角、34歩、88銀
 2)34歩には、68銀とすこし変わった手ですが、角換わりを誘う手がありますね。昔なら、喜んで(この人、定石しらないの?なんて)ですが、交換したんでしょうが、今だと、油断できない(かなり、角換わりが得意なのでは?)印象です。結局、88金を78金と戻すので手番は変わらないですね。この形は早繰り銀にはし難いので、(早く、36歩とは突けない)腰掛銀か棒銀です。

出だし、先手26歩の王道は、後手84歩も王道なので半分だめですね。
26歩、34歩、25歩、33角、76歩、22銀、33角成りの形は昔なら角換り居飛車でしょうけど、現代将棋ではほとんど、角換わり振り飛車の出だしになってますね。(向かい飛車にしやすいので)
また、角換わりになるとしても、後手番としては、飛車先を突いていないことから、自由に棒銀、早繰り銀、腰掛銀を選択でき、かつ、84歩型で戦えるのが、少しお得になっています。
やはり、居飛車は序盤の幅が広いですね。(ふー?)

純振り飛車党が角換わり居飛車を勉強してみる。(その二)純振り飛車党が角換わり居飛車を勉強してみる。(その二)純振り飛車党が角換わり居飛車を勉強してみる。(その二)

(2014年7月20日(日) 7:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

将棋歴50年以上の大ベテラン!ネット対戦が日課の気さくな講師とレッスン

一道の将棋教室
山田一道 (将棋)

新橋・五反田・上野・秋葉原・大井町・大森・蒲田・浅草・押上・自由が丘・田園調布・不動...

ブログ記事 ページ先頭へ