サイタ趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ 居飛車穴熊への...

居飛車穴熊への想い(居飛車穴熊には大山流で)

私自身が居飛車穴熊を指したのは、昭和40年代(中・高校)でした。将棋世界の雑誌で升田9段が居飛車穴熊を指した棋譜を見てからでした。その形は、78金、67金型だと記憶しています。57銀を、68銀、79銀とひきつける構想ではありません。後手が4間飛車で、45歩と角道を開けている関係で右銀は57銀のまま、角を4手角や3手角で右に使用した指し方でした。それ以来、大学時代まで、時々指しましたが相振り飛車で中飛車から居飛車穴熊に組むことが多かったです。
それから40年以上たっても、いまだに、大流行していますが、現在のネット対戦では、3段程度の方は余り居飛車穴熊を指してきませんね。4段以上の方は圧倒的に居飛車穴熊が多いです。
私も普通の振り飛車党として、居飛車穴熊の洗礼をまともに受けました。結局66歩を止めてからの矢倉(昔はウソ矢倉といわれていました。)も多く指すことになり、ますます勝てなくなって行きました。
今は対抗として、藤井システム型を多く指していますが、居飛車側の工夫もあり、普通の4間飛車になって、持久戦になり、銀冠対居飛車穴熊で指すことが多いです。(石田組にすることも多く、いわゆる「大山流」なんでしょうね。)
結局、中・終盤の強い方が(勝ち方力の高い方が)勝つという当たり前の結果、振り飛車の優位性(私にとっては、恩恵?)が弱まり、勝てなくなりました。

 

(2014年7月15日(火) 6:20)

前の記事

次の記事

新着記事

将棋ソフトを使ったトレーニング 2枚落ちから互先まで同じ戦法で戦います。 今多用しているのが5筋位取りです。 5筋位取りはある意味では必勝法とも言えます。 昔は「天王山」とも言われていましたが、速度重視の現在では軽視する風潮があります。(中飛車は別) そこにメスを入れて見ました。 ...

「小学生(低学年)に将棋を教える」ことに関して。 羽生名人の著書にありますが、羽生名人であっても町道場に入門して、13級から30連敗してやっと勝ったとあります。確かに、駒の動かし方もおぼつかないレベルから小学生名人(アマ4段格?)になるまでの遠い道のりをどのようにして強くなるのかは非常に興味...

ひょんなことから、ゴキゲン中飛車を試すことになり、まずは、つの銀型の戦型を試しています。まずは、激指4レベルです。 先手中飛車で、ゴキゲン風に構えます。 56歩、84歩、76歩、85歩、77角、54歩の出だしです。 居飛車側は、55歩止めを拒否した形です。 58飛車、62銀、68銀、3...

前回、けっきょくソフト指しの疑惑は「通信記録を開示できなければ」限りなく「黒」ですし、開示すれば、限りなく「白」です。 と記載して、終わりにしていますが、もう少し丁寧に説明をしてみたいと思います。 ① 携帯(スマホ)とパソコンのスペック差について。  スマホとパソコンではハード的...

「ソフト指しの疑惑について」 ソフトを利用してコーチングしている私にとって、非常に身近な事だと思いました。 私も、yahooで良く指していたときは、弱いくせに「ソフト指し」の疑いをよくかけられていました。 レーティング2100(四段)前後だったのですが初級から始めるため、70連勝して...

ブログ記事 ページ先頭へ