全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ 駒の価値を考え...

駒の価値を考えてみる。【香】

( NHK将棋講座 昭和61年5月号より )
飛車 15点 竜 17点 角 13点 馬 15点 金 9点 銀 8点 成銀 9点
桂馬 6点 成桂 10点 香車 5点 成香 10点 歩 1点 と金 12点
とあります。
1つの考え方として、駒の価値は利き枠の数に比例するとしてみます。

【香】禁止打は敵陣1段目には打てないということです。
また、はじめて途中に駒があると、利きが少なくなる駒が登場しました。
1段目8点で72点、2段目7点で63点以下8段目1点で9点すから、合計【324】点です。途中に駒が平均的にあるとして、この半分【162】点とします。成香になるのは、すべての場所で可能性がありますから。+98点で【260】点です。これまでの結果をすべてまとめると面白いことに桂馬より香車の価値が高いことになりました。(桂馬の価値が感覚的よりは低いということです。)
【歩】72点【125】点 (2歩禁のため、平均的に打てる場所が限定される)
【桂】112点【221】点
【香】162点【260】点 (平均的に途中に駒がある)
【銀】328点【355】点
【金】402点【402】点
香車は、配置が端の1段目であることから、桂馬より価値が低いように感じますが利き枠から考えると桂馬より価値は高いとなります。「桂馬は中央に使え」とか、「2枚替えは歩ともせよ」とかの格言通りになっていますね。そのうち「香車は桂馬より強し」の格言が生まれるかもです。

 

(2014年7月7日(月) 6:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

将棋歴50年以上の大ベテラン!ネット対戦が日課の気さくな講師とレッスン

一道の将棋教室
山田一道 (将棋)

新橋・五反田・上野・大井町・大森・蒲田・浅草・押上・自由が丘・田園調布・不動前・武蔵...

ブログ記事 ページ先頭へ