全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室愛知 中山将棋塾 スクールブログ 7月6日NHK...

7月6日NHK杯 ▲増田裕司 対 △阿久津主税

今回は、増田阿久津戦です。

この将棋は、増田が序盤、角道を止めてからの相矢倉戦になりました。

中盤、阿久津がかなり優勢になりました。

しかし、そこから増田が勝負手をバンバン放ち・・・

なんと!

最後、増田が10回連続王手でラッシュをかけ、阿久津玉を詰まし、勝利を手にしました!

ちょっとびっくりしました!(笑)

感想戦では、逃げ方を間違えなければ阿久津玉は詰まない様でしたが・・・

やはり、勝負は何が起こるかわかりませんね。(^^)v

では、この将棋で、初心者の方に参考になる手がありましたので是非ご紹介します。

局面図
写真は、増田が▲2二歩と指した局面です。

これは、たたきの歩と言う手筋です。

局面を見てわかります様に相手の玉が少し遠い感じですし、金銀が貼り付いてて非常に固く感じます。

そこでこの様な、たたきの歩で相手の玉を危険にしようと言う狙いです。

この歩をもし、△同玉として取れば、相手の王様が戦場に近づいて来ますし、△同金として取れば、金が離れて、相手の囲いが弱体化します。

この歩1つでいろいろと効果が期待できるのです。

これを読んでいるあなたも、是非一度たたきの歩を放ってみてはいかがでしょう!(^_^)v

7月6日NHK杯 ▲増田裕司 対 △阿久津主税

(2014年7月6日(日) 21:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

名門将棋部で部長を務めた現役大学生棋士が、あなたの良き対戦相手に

中山将棋塾
中山翔太 (将棋)

名古屋・金山・鶴舞・千種・八田・神宮前・栄生・栄・七宝・中村日赤・伏見・新栄町・今池...

ブログ記事 ページ先頭へ