全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ 駒の価値を考え...

駒の価値を考えてみる。【桂、歩】

( NHK将棋講座 昭和61年5月号より )
飛車 15点 竜 17点 角 13点 馬 15点 金 9点 銀 8点 成銀 9点
桂馬 6点 成桂 10点 香車 5点 成香 10点 歩 1点 と金 12点
とあります。
1つの考え方として、駒の価値は利き枠の数に比例するとしてみます。

【桂】禁止打は敵陣1段目、2段目には打てないということです。
両端は1点 その他はすべて2点 合計すると【112】点になります。次に成れるところは5段目から7段目なので、16→125(+109)ですから、持ち駒【221】点とします。
※【銀】【328】【355】と比較すると2~3枚分弱の交換率となりますね。
端桂と端以外が1対2であることから、端桂不利という感じですね。
他のゲームでは8方桂であることから、かなり弱めの設定です。
将棋盤が9x9(奇数、対称形)であることにも関係していると思います。
【歩】禁止打は敵陣1段目、禁手は2歩禁です。
すべて1点で【72】点、次に成れるところは6段目~8段目なので、18→125(+107)ですから持ち駒【179】点です。
これは、2歩を禁止しなければ、桂馬より少し弱い駒という意味になります。
実際は2歩禁ですから、半分の+53で、【125】点ということにします。
当たり前みたいな2歩禁ですが、は良く考えられたルールですね。
筋違い角で、1歩得しても打てる場所がなければ、たいした効果がないし、逆に歩が打てる場所があるときに、持ち歩があることは価値が高いという意味になります。

 

(2014年7月6日(日) 6:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

将棋歴50年以上の大ベテラン!ネット対戦が日課の気さくな講師とレッスン

一道の将棋教室
山田一道 (将棋)

新橋・五反田・上野・秋葉原・大井町・大森・蒲田・浅草・押上・自由が丘・田園調布・不動...

ブログ記事 ページ先頭へ