全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ 藤井システム ...

藤井システム 基本形③

【藤井システム 基本形】のまとめ
76歩、34歩、26歩、44歩、48銀、42飛、56歩、72銀
68玉、94歩、78玉、95歩
77角、64歩、88玉、74歩
25歩、33角、66歩、73桂
先手が、25歩をあまり保留すると後手からの45歩の心配が必要となる。
32銀とあがらないことで、先手の引き角(68角)にそなえている。
58金、52金
先手もあまり、58金をあがらないと、後手の右四間の心配がある。
67金、45歩、57銀、32銀
この間先手が、98香車とあがると攻めかかる。
78金、84歩、68銀上がる
84歩の実戦はないかも。後手が85桂からの攻めで、端に殺到したとき、先手の97同桂ととりにくくする意味。(96歩に85桂と逃げられない。)
先手の68銀は穴熊をあきらめていないことに注意。
居飛車穴熊のこのての指し方に後手はだまされないこと。
以下、居飛穴を前提とした先手に有効な手がない。
36歩を突くと、55歩を突き捨てての角筋緩和手筋が指せないため、後手は63銀から85桂馬を狙われることになる。
後手は、現在形が最適である。
結論は「以下、※千日手の可能性あり。」ですね。

※先手は68銀あがる、79銀を繰り返し、後手は63銀、72銀を繰り返す。

藤井システム 基本形③藤井システム 基本形③藤井システム 基本形③

(2014年7月4日(金) 6:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

将棋歴50年以上の大ベテラン!ネット対戦が日課の気さくな講師とレッスン

一道の将棋教室
山田一道 (将棋)

五反田・上野・大井町・蒲田・押上・自由が丘・田園調布・不動前・武蔵小山・洗足・大岡山...

ブログ記事 ページ先頭へ