サイタ趣味の習い事将棋教室東京 一道の将棋教室 スクールブログ 私が将棋を指す...

私が将棋を指すようになったのは

 昭和33年、戦争の後遺症も少し薄れかけた時代。私は、近くの小学校から、電車にのって1時間ぐらいかかる、私立の小学校に転校しました。そんな私が小学2年生のある夏の日。

 その日はいつもより早く起きて、おにぎりを食べて、すぐ学校に行こうとしていました。「この時間だと、開門前に着くけど少し待てばいい。お母さんを起こさずに、一人でご飯を食べたし、問題ないや!」
 「昨夜、お兄ちゃんが将棋の駒を明日買うといっていたので、学校から帰ったら早速二人で指し方を、覚えよう!」

 このような感じで、私が「本将棋」を指す瞬間が訪れました。
 おじいさんがもともと将棋好きのため、普通の将棋盤と駒は家にりましたが、子供あいてに「本将棋」を教えてくれる訳ではありませんでした。その当時子供同士で駒をつかって遊ぶのは

 はさみ将棋
 回り将棋
 山崩し
 お金将棋
 
 などでした。「本将棋」を指せる(知っている)ことは、少し大人になるということでした。 

 

(2014年6月3日(火) 20:08)

次の記事

新着記事

将棋ソフトを使ったトレーニング 2枚落ちから互先まで同じ戦法で戦います。 今多用しているのが5筋位取りです。 5筋位取りはある意味では必勝法とも言えます。 昔は「天王山」とも言われていましたが、速度重視の現在では軽視する風潮があります。(中飛車は別) そこにメスを入れて見ました。 ...

「小学生(低学年)に将棋を教える」ことに関して。 羽生名人の著書にありますが、羽生名人であっても町道場に入門して、13級から30連敗してやっと勝ったとあります。確かに、駒の動かし方もおぼつかないレベルから小学生名人(アマ4段格?)になるまでの遠い道のりをどのようにして強くなるのかは非常に興味...

ひょんなことから、ゴキゲン中飛車を試すことになり、まずは、つの銀型の戦型を試しています。まずは、激指4レベルです。 先手中飛車で、ゴキゲン風に構えます。 56歩、84歩、76歩、85歩、77角、54歩の出だしです。 居飛車側は、55歩止めを拒否した形です。 58飛車、62銀、68銀、3...

前回、けっきょくソフト指しの疑惑は「通信記録を開示できなければ」限りなく「黒」ですし、開示すれば、限りなく「白」です。 と記載して、終わりにしていますが、もう少し丁寧に説明をしてみたいと思います。 ① 携帯(スマホ)とパソコンのスペック差について。  スマホとパソコンではハード的...

「ソフト指しの疑惑について」 ソフトを利用してコーチングしている私にとって、非常に身近な事だと思いました。 私も、yahooで良く指していたときは、弱いくせに「ソフト指し」の疑いをよくかけられていました。 レーティング2100(四段)前後だったのですが初級から始めるため、70連勝して...

ブログ記事 ページ先頭へ