全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室愛知 中山将棋塾 スクールブログ 4月13日NH...

4月13日NHK杯 ▲田村康介 対 △稲葉陽

今回は、NHK杯田村稲葉戦です。

この将棋は相振り飛車になりました。
田村が中飛車、稲葉が三間飛車になりました。

相振り飛車の将棋は、まだあまり定石も整備されていませんし、まったく私の専門外の将棋です。(笑)

まったくわからない将棋でしたが、少し驚きの手がありましたので、その手についてお話します。

写真は稲葉が△3五飛車と指した局面です。

2五の飛車に対して▲3六角と田村が飛車取りに打ったのですが、飛車を逃げずに△3五飛車と指しました!

パッと見かなり無理がありそうな感じがします。

しかし、飛車を取ると、▲3五同銀 △同歩となった時に角取りになっているので攻めが続くと見たのでしょう。

感想戦でこの手は良い手だと言っていましたので、おそらく良い手なのでしょう。(笑)

仮に3六角を打った局面で、飛車を逃げますと、▲4五角 △同馬 ▲同銀 と桂馬を取られた上に馬も消されてしまいますから飛車逃げる訳にはいかなかったのですね。

しかし、それにしても△3五飛車は思いつきませんね。

そして、田村はこの手に対して▲6七金と指しました。取れる飛車を取らない・・・

おそらく、取ると前述した様に角取りになるのでそれを嫌ったのでしょう。

私なら飛車取りますね。(笑)

皆さんはいかがですか?

この後は稲葉が猛攻して田村を撃破しました。稲葉がギリギリの攻めを丁寧につないだ将棋でした。

4月13日NHK杯 ▲田村康介 対 △稲葉陽

(2014年4月14日(月) 8:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

名門将棋部で部長を務めた現役大学生棋士が、あなたの良き対戦相手に

中山将棋塾
中山翔太 (将棋)

名古屋・金山・鶴舞・千種・八田・神宮前・栄生・栄・七宝・中村日赤・伏見・新栄町・今池...

ブログ記事 ページ先頭へ