全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室愛知 中山将棋塾 スクールブログ 4月6日 NH...

4月6日 NHK杯 ▲松尾歩 対 △中村亮介

今回は4月6日のNHK杯、松尾中村戦です。

この将棋は角交換振り飛車で、松尾が居飛車、中村が振り飛車を持って指した将棋でした。

見どころはいろいろとありましたが、今回は写真の局面を取り上げてみました。

写真は中村が5五銀と角にぶつけた局面。

次の先手の候補手としては▲7七角 ▲7五角 ▲8四角 ▲4八角 と言ったところでしょうか?

さて、あなたなら何を選択しますか?

私は、一番自然な感じがする▲7七角を選択していたと思います。

ちなみに、松尾さんは▲4八角を選択していました。

これは、後に▲2六角と出る味を見ているのでしょう。

▲2六角と出れば、美濃囲いの急所である7一の地点に効かせられるので▲4八角は納得の一手ですね。

どうですか?何か良い手が思いつきましたか?

激しい戦いが好きな人は▲7五角と角をぶつける手を選択するかもしれませんね。(笑)

この様に悩ましい局面では、棋風や性格が現れますし、経験値も大事な判断材料です。

私も難しい局面で正確に指せる様に日々精進しています。

4月6日 NHK杯 ▲松尾歩 対 △中村亮介

(2014年4月6日(日) 17:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

名門将棋部で部長を務めた現役大学生棋士が、あなたの良き対戦相手に

中山将棋塾
中山翔太 (将棋)

名古屋・金山・鶴舞・千種・八田・神宮前・栄生・栄・七宝・中村日赤・伏見・新栄町・今池...

ブログ記事 ページ先頭へ