全国5万人が受講している「サイタ」

将棋教室・将棋講座

将棋教室・将棋講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事将棋教室東京 Long将棋教室 スクールブログ 将棋のルーツ

将棋のルーツ

はじめまして、講師のLongです。

初回投稿なので将棋のルーツについて記します。

世界には様々な将棋があります。
そしてそのルーツをたどると
すべて古代インドの4人制のすごろく将棋
「チャトランガ」に行き着くというのが
定説になっています。

これがペルシャを経て西洋に伝わると
「チェス」になり、一方中国を経て
日本に伝わったのが「将棋」になりました。

形を少しづつ変えながら
現在の将棋になったのですが
比べてみると似ても似つかないゲームの原点が
ホントにチャトランガなの?
という疑問が出てきます。

そこで識者は言います。

「桂馬の動きが何よりの証拠です。」

世界中の将棋に共通しているのは
飛車と桂馬の動きで
特に桂馬は独特で珍しい動きをする。

この珍しい動きをする桂馬が
必ず端から2番目にある
というのが単なる偶然とは思えないので
元々の生まれが同じとの事。

言われてみれば確かに納得ですね。

日本の将棋の特徴は取った駒を
再使用出来る事です。

これ日本の将棋だけなんです。

日本の将棋を奥深くしている
最大のルールだと思ってます。

奥が深く楽しいゲームなので
個人的には「するめ」みたいだと思ってます。(笑)

どんどん楽しさって味が出てきますから
そんな将棋味を是非、共有しましょう^^

 

(2011年4月27日(水) 19:19)
この記事を書いたコーチ

将棋センター大会優勝!将棋チームのリーダーも務める面倒見の良さと指導力

ブログ記事 ページ先頭へ