サイタ趣味の習い事書道教室東京 桃空書庵 スクールブログ 雨の日に(試し...

雨の日に(試してみてほしいこと)

昨夜から降る雨、まだやみません。
梅雨の季節には少し身体がだるいとか、休日なのにお出かけをやめてしまった。
そんなこともあるでしょう。
ちょっと憂鬱になることもあるかもしれません。
そんなときわたしがすることは、読みたかったはずで買ったままになっている本を読むことや
普段やってなかったけど気になっていた書道のお手本の本を開くことです。

とくに、頭をあまり使いたくない時に、書道のお手本になる本を開くことはおすすめします。
なぜなら、頭をあまり使わないときでも「この文字はどう起筆が入って、終筆はどうなっているのか」
など考えているだけで、筆を取りたくなって、いつのまにか書いてしまうことにもなるからです。
でも書かなくても、頭で想像するだけで、次に筆を手にして書く時、前より少しわかるような気がするんです。

これは本当です!!
びっくりすることかもしれません。
嘘だぁ、と思うかもしれません。
けれど、本当なのです。

書いているときには気づかなかった「気付き」がそこにはあるのです。
試しに、幾つかの書を見てみてください。
必ず、その「起筆」「終筆」を考えるだけで、見方はかわるから。。。お試しあれ!!★

 

(2019年6月15日(土) 18:58)

前の記事

この記事を書いたコーチ

詩人としても活躍する書家。写経・行書・楷書の3つから選べるレッスン

新着記事

昨夜から降る雨、まだやみません。 梅雨の季節には少し身体がだるいとか、休日なのにお出かけをやめてしまった。 そんなこともあるでしょう。 ちょっと憂鬱になることもあるかもしれません。 そんなときわたしがすることは、読みたかったはずで買ったままになっている本を読むことや 普段やってなかっ...

普段、パソコンやiPhoneなどの端末を使って入力していることが多いのですが 小さなノートをいつもバッグに入れて、手で書く習慣を心がけています。 そこには小さな気づきがあって、例えば文字を忘れてしまっていたり、 簡単な漢字もすんなりと書くことができなかったり・・・ということがあるので...

すっかり更新しておりませんでしたが つい最近、旅をしてきました。 詩をしたためたりしているのですが、 それを毛筆で和紙に書いたものを持って セルビアからルーマニアに向かいそこで読んできました。 各国から多くの詩人たちが見えて、交流だけでも 貴重な時間でしたが、賞までいただい...

まずは講座の第一歩で多くのことはできませんが その方の「書きたいもの」「目指す方向性」などを伺いつつ そこへ二人でアプローチしていく方法を考えます。 経験上、最も役に立つのは「どれだけ失敗しているか」ということ。 最初からうまく書ける人は一人もいないはずです。 だから、その人...

普段とは違う道具を使う それだけで背筋は伸びるかもしれません。 ではどのような姿勢がいいのか・・・ 普段使うボールペンや鉛筆より、ぐっと長くなる筆では 背中を丸めたり、紙に顔を近づける、という姿勢にはあまりならないでしょう。 おそらくみなさん、程よい距離は保てるはずです。 ①右...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、書道レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ