サイタ趣味の習い事書道教室東京 青石の書道教室 スクールブログ 隷書も楽しい

隷書も楽しい

余っていた半切1/4サイズに隷書を書きました。

泉清月明
綺麗な水は、明るい月の光りを照らす。

楽行書道
楽しく書道をやる。

淡白明志
私利私欲に溺れることなく、淡白でなければ志を明らかにすることは出来ない。

諸葛孔明が、戦場で没する時に幼い自分の息子に宛てた手紙の中にある言葉。

楷書とは、違った筆さばきをします。
独特の字体で書くと楽しいです

隷書も楽しい隷書も楽しい隷書も楽しい

(2018年5月19日(土) 10:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

五段の腕前で、講師としても活躍。手本がなくても、自在に書ける技術を伝授

新着記事

朱線の中に黒線で楕円を書き入れてあります。 この楕円形は、筆の向きを示します。   基本のところをおさえて書けるようになると、自分の書いた書に自信が付いてきます

現在、私も何か上手く書けないって時があります。 そんな時には、私の書道の基本となる練習を画像にしてみました。

余っていた半切1/4サイズに隷書を書きました。 泉清月明 綺麗な水は、明るい月の光りを照らす。 楽行書道 楽しく書道をやる。 淡白明志 私利私欲に溺れることなく、淡白でなければ志を明らかにすることは出来ない。 諸葛孔明が、戦場で没する時に幼い自分の息子に宛てた手紙...

心に響いた言葉を自分の書にして、差し上げる…喜んでくれる方が居てくれる。こんな嬉しいことはありません。

名刺大サイズの紙に、私の心に響いた言葉を小筆の穂先を意識して書いています。 小筆の穂先を意識して書くのは、年賀状も同じです

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、書道レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ