サイタ趣味の習い事書道教室大阪 緑堂の洗心書道塾 スクールブログ 北島三郎78歳...

北島三郎78歳の挑戦

昨晩テレビ番組、北島三郎78歳の挑戦を観た。
通算公演回数4578回、46年間の座長公演に幕を閉じた
男の引き際の美学と題し、初日から千秋楽までの
密着ドキュメントであった。とにかく凄い、何が凄いかとわれても
訳もなく感動するのである。

3年程前、新歌舞伎座で北島三郎公演を観た。
その時の感動が鮮烈で、又機会があればと思っていたが、
公演はもうやらないとの事。
今後もう見れないと思うと残念である。

公演のクライマックスを飾る唄二曲がこれがまた最高!
北の漁場と祭り、北の漁場は大きな漁船の先端で波に
揺られながら歌う姿が勇ましい。そして最後の最後が祭、

勇壮な若衆の太鼓演奏に続き、サブちゃんが龍に載って
歌い出すのである。まさに日本昔話の世界、龍は私の
座席一階後方までもせり出してきた。そして口から
シューと言う音と共に冷気を発するのである。
リアルだ、良く出来ているなあと感心する。

龍と祭りは良く似合う、神が地上に降りてきて共に喜びあうと
いうような一体感を感じることが出来るのである。

そこで感動の龍作品です。えっ何処が感動?まっ、
とにかく、どうぞ・・・

北島三郎78歳の挑戦北島三郎78歳の挑戦北島三郎78歳の挑戦

(2015年3月27日(金) 9:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

毎日書道会会員としても活躍!初心者~書道展に出品してみたい方まで大歓迎

緑堂の洗心書道塾
平田哲雄 (書道)

高槻・吹田・新大阪・梅田/大阪・京橋・玉造・汐見橋・南方・千里山・泉ヶ丘・中津・心斎...

ブログ記事 ページ先頭へ