全国5万人が受講している「サイタ」

書道教室・習字教室

書道教室・習字教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事書道教室千葉 岩井憲之の書道講座 スクールブログ 古典の臨書 そ...

古典の臨書 その1 (漢字 楷書)

お習字を始めると、良く聞く言葉が臨書(りんしょ)です。
昔から、歴史的に有名な書人、書家の書いた字をお手本として真似て字を書くことを言います。

最初は、難しいと思うかもしれませんが、すぐに慣れますし、要領を得れば、すぐに簡単に取り組めます。筆の使い方、基礎練習ができれば、
次に字を書く練習をするわけですが、書きやすい字、手本があります。
お勧めの手本がありますが、自分でこれをやりたいと、ご自身でお持ちになってもかまいません。

臨書にも、形を重視した形臨(けいりん)、線質、筆の運び、勢いなどを重視した意臨(いりん)、手本を見ずに書く背臨(はいりん)、さらには、手本はないが、その書人であればきっとこう書くだろうと推測して、特徴を取り入れて書く倣書(ほうしょ)があります。倣書は、いわゆる誰々風、ないしは有名な古典作品の調子で書く字ということになります。

まずは、これまで、素晴らしいとされ、多くの人が学んだ美しい字は、
避けて通れないと思います。スポーツでも美しいフォームが身に着けば上達が早いですし、楽器でも名曲のなかでも易しい練習曲を最初に練習するのではないでしょうか。

漢字のなかでも、日常使う楷書は、多くの古典作品があります。
全部を学ぶには相当な時間を要しますから、そのなかの、基本中の基本のエッセンスをできるだけわかりやすく、楽しく指導したいと思います。闇雲に字を書くのではなく、何に気を配って練習すれば、短期間で上達するか、プライベートレッスンで伝授したいと思います。

有名な楷書の古典の一部とその特徴を紹介します。
このなかから好きなのを選んではじめてみませんか。

1.唐 虞世南 孔子廟堂碑  おだやかな線
2.唐 欧陽詢 九成宮醴泉銘  堅苦しい線
3.隋 智栄 千字文 力強い線 
4.平安 小野道風 智証大師諡号勅書 たっぷりとした線
5.唐 顔真卿 多宝塔碑  明朝体に近い書体
6.唐 ちょ遂良 雁塔聖教序  軽妙な線
7.晋 王羲之 黄庭経  真面目な線

ほかにもまだあります。もし、やりたいものがありましたら、
自分で探してきていただいても構いません。

 

(2014年6月4日(水) 11:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

入選歴多数、企業で筆耕の経験も。ベテラン講師と書の世界を楽しみませんか

ブログ記事 ページ先頭へ