音楽教室篠笛教室千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート

篠笛・祭囃子 一船会レッスンノート(6ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

長唄「鶴亀」を練習する(4)
1.通して吹いていきます。 運指、テンポ、タイミングの取り方、バッチリです。その調子でいきましょう。 細かい所で、息を切る時、もう少しフワッと切れると良いようです。また、音を延ばすとき息を震...
「花は咲く」を練習する(1)
1.音出し(ウォーミングアップ) 呂音、甲音、大甲音の練習。 大甲音が出づらいので集中的に。唄口をかぶせすぎるような傾向があります。音がこもっているような感じなので音を出した時にクリアな、大...
篠笛について
1.音出し 運指表について。指の形で数字が決まっているので、数字の音を吹いてみる。 呂音(漢数字の音)は吹けているので甲音(オクターブ上の音)も吹いていただきましたが問題なく吹けています。 ...
長唄「鶴亀」を練習する(3)
今回も通して吹いていきます。前回の注意点を意識しながら吹いてみましょう。  出だしの2は何回か練習するときれいに出せるようです。一発で出すのは難しいですが回数を重ねれば段々出せるようになってい...
長唄「松の緑」を練習する~4
前半部分を重点的に練習していきます。  二行目~ちたび~の20-02ですが、そこだけ練習すると問題ないのですが続けて吹くと音がうまく出ません。特に2の音をきれいに吹けるように繰り返し練習してい...
吹き方について
1.「花束を君に(宇多田ヒカル)」を吹く。 初めの~ふだんから メイクしないきみが~ の「きみが」の七×が音程が高いです。2から七×はどうしても音が高くなりがちなのでほとんど開けない感じです。...
長唄「鶴亀」を練習する(2)
「鶴亀」を通して吹く。 出だしの2をスーッときれいに吹けると良いと思います。(難しいですが) その後の延ばしは三味線の音をよく聞いて六を吹き出しましょう。 二行目終わり、5の吹き出すタイミ...
練習曲を吹いて練習する(6)
1.音出し(ウォーミングアップ) 呂音、甲音、大甲音(8、2・、3・)の音を吹いていきます。 大甲音は口の締め方を色々と工夫してください。自分でどういう締め方をしているのか確認しながら、また...
長唄「鶴亀」を練習する(1)
 最初に音源を聞いて譜面と音を確認し曲をつかむ。 譜面を見ながら吹いてみると譜面はよく読めています。延ばす箇所は譜面だけで見ながら吹くとしっかりと拍がとれています。しかし音源を聞きながらだと音...
「幣神楽」の練習(7)、「神楽昇殿」の練習(1)
 久々ということなので回数を吹いて思い出していきましょう。 9×と7×の運指を混同しないように意識しましょう。どちらの運指でも良いのですが間違えたと思っても7×の指になってしまったらそのまま吹...

篠笛・祭囃子 一船会のレッスンノート ・・・計391件

篠笛・祭囃子 一船会 ページ先頭へ