サイタ音楽教室篠笛教室千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート

篠笛・祭囃子 一船会レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

クラシック音楽「アヴェマリア」長唄「藤音頭」を練習する(1)
1.「アヴェマリア」を吹く。 譜面を確認しながら吹いていきましょう。運指自体は複雑ではないのでスムーズに吹けています。4#の音程を気にしましょう。 息を長く延ばせるように意識して吹いてみまし...
「屋台」を練習する(6)
1.「屋台」を通して吹いていきましょう。 笛吹き出しの「6876-」で68の間に7の音が少し出てしまうので68と確実に押さえられるようにしましょう。 (その一)の後半部分の延ばす拍を確実に覚...
江戸祭囃子「鎌倉」(Longバージョン)を練習する。
1.江戸祭囃子を通して吹く。 前回より間が空いているのでいろいろと確認しながら通して吹いていきましょう。  「屋台」:掛りからの前半部分のタイミングの取り方ですが、太鼓の「ツ」の間をとっ...
「屋台」を練習する(5)
いきなりですが、通して吹いて見ました。どれだけ出来るか、を確認させてもらいました。意地悪をしてすみませんでした。  繰り返し吹いていくと感覚が復活してくるようなので大丈夫です。良い感じです。 ...
「ふるさと」を練習する(2)
1.ウォーミングアップで、「君が代」を吹く。  音出しの練習で「君が代」を譜面を見ないで吹いてみました。感想としては暗譜できているのでとても良いと思います。ただ、どうしても間違えたりするので今...
長唄「松の緑」、クラシック音楽「G線上のアリア」を練習する(3)
1.「G線上のアリア」を吹く  通して吹いていきます。 全体的に良く、半音も良い感じで吹けていると思いますが少し遅れる箇所があります。また、譜面と音源の演奏が少し違うので注意して吹いてくださ...
音出し、練習曲を吹く(1)
1.音出し、「ほたるこい」「たこたこあがれ」  まずは音出しから復習していきます。六、五、七、と問題なく音が出ています。笛を少し巻き気味にしているのでほんの少し笛を外側に向けて吹くように意識し...
音出し、練習曲を吹く(6)
1.音出し  久々なので音出しの確認から見ていきます。唄口の当て方ですが、音程が気持ち低いのでほんの少しですが巻き気味のようです。明るい音が出るイメージで吹いてみましょう。  "8"の音です...
篠笛について
1.篠笛について。  篠笛は一本調子から十三本調子まであります。今回、私がお持ちしたのは三本から十二本までです。他の楽器(三味線やお琴など)と合わせる場合や洋楽に合わせやすいように改良した笛を...
「屋台」を練習する(4)
1.「屋台」の’中の切’を確認しながら吹いていきましょう。 三行目は低音(呂音)です。また、「0」は低い音です(基本的には高い音ではありません)。 四行目の「串中串」を六行目のように吹かない...

篠笛・祭囃子 一船会のレッスンノート ・・・計397件

篠笛・祭囃子 一船会 ページ先頭へ