サイタ音楽教室篠笛教室千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート

篠笛・祭囃子 一船会レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

江戸祭囃子「鎌倉」、長唄「新曲浦島」を練習する(4)
1.長唄「新曲浦島」を練習する。  音源に合わせて繰り返し吹いていきましょう。 曲の始まりのテンポをうまくつかみましょう。つかむことができたらご自分の間で吹くようにしましょう。曲を聞きすぎる...
江戸祭囃子「鎌倉」、長唄「新曲浦島」を練習する(3)
1.長唄「新曲浦島」を練習する。  音源に合わせて吹いていきましょう。  吹き出しの6はもう少し遅く入りましょう。唄の「きん~」を聞いてから吹き出しましょう。 斜め線の部分(半拍遅らせて吹...
長唄「松の緑」、クラシック音楽「G線上のアリア」を練習する(1)
1.長唄「松の緑」  まず、音源を聞いて曲の感じをつかみましょう。  吹き出しのメロディを覚えましょう。連続音がいくつも続く箇所は音を延ばしましょう。前半は細かい文句なのでスムーズに吹けるよ...
「屋台」を練習する(3)
1.「屋台」の、吹き出し、掛り(2行)、「屋台頭~結び」を繰り返し、「止め、半上げ」の流れを練習します。   運指を忘れているので確認しながら吹いていきましょう。62と52、8が混同してしまう...
「投合」「四丁目」を練習する
1.「投合」を練習する。  その四一行目の入りは一拍の間をとりましょう。また、五行目の1の音を意識して正確な音を出すようにしましょう。運指は大丈夫ですので次のステップとして音程を意識して吹くよ...
長唄「黒髪」を練習する(3)
音源に合わせて吹いていきます。  最初は曲のテンポが掴みづらいので三味線の音をよく聞いて合わせるように意識しましょう。何回か合わせれば掴めてきているので良いですが、できれば一回目から合わせ...
「投合」「屋台」を練習する(2)
1.「投合」を練習する。  運指の確認です。  62の連続音は左手中指で打ちましょう。見た感じ、4と52の運指が直に押さえられないようです。その他はスムーズに吹けているので良いと思います...
「投合」を練習する。
1.「投合」を練習する。  その一で、五行目の入り方はウラ間です。半拍遅らせて吹きましょう。 六行目の文句は「四丁目」と微妙に違います。分けて覚えてください。また、「2」の運指の時、右手...
音出し、練習曲を吹く(5)
1.音出し  呂音(漢字の音)から甲音(数字の音)、大甲音まで吹いてみましょう。「7、8、2・」辺りまで音が出ましたので良いでしょう。また、半音(7×、3×等)の練習も少しづつ増やしていき...
江戸祭囃子「鎌倉」、長唄「新曲浦島」を練習する(2)
1.江戸囃子「屋台」を吹く。  「屋台」を通して吹いていきます。 全体的には良いでしょう。段々と出来てきていますが地頭の入り方が微妙にずれます。繰り返し吹いて慣れていきましょう。また、「...

篠笛・祭囃子 一船会のレッスンノート ・・・計385件

篠笛・祭囃子 一船会 ページ先頭へ