音楽教室篠笛教室千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート

篠笛・祭囃子 一船会レッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

練習曲を吹いて譜面に慣れる(2)
1.前回練習した曲を吹いて確認する。 運指を覚えているか、譜面を読めているか、の確認です。 「春の小川」:漢数字は低い音(呂音といいます)です。連続音の指打ちを忘れないようにしましょ...
獅子素囃子を練習する。
1.「通り神楽~本上げ」を通して吹いてみる。  久々の演奏なので一回通して吹いてみて問題点を確認しましょう。 「屋台」と「早鎌倉」は、テンポがずれる(一定でない)のでその辺りの細かい点を...
「屋台」を練習する(2)
1.掛り 太鼓との合わせる場所は、  56 -4323 - -2 3 4   天 天イヤ 天 天 ツ  ドド ドン 上記の場所で合わせます。(6と天が一緒になります。その他の部分...
長唄「蜘蛛拍子舞」江戸祭囃子「屋台」を練習する。
1.長唄「蜘蛛拍子舞」を吹く。 吹き始めのテンポを合わせるようにしましょう。しばらく吹いていると合わせられたので良いと思います。 「三六七-七13-1-七六四-三」の運指がスムーズにいけると...
練習曲を吹いて譜面に慣れる
1.運指表を見て運指を覚える。 運指表を見て運指と音を確認します。吹いてみて譜面の読み方を覚えていきましょう。 数字一つで一拍の長さです。延ばす音、半拍の音の記号を覚えていきましょう。 ...
長唄「福寿の草摺り」を練習する(1)
1.「福寿の草摺り」を吹く。 吹き始めは今の感じで良いでしょう(23-は吹かなくて良いです。) 5行目「~いのうとはそりゃ~」の延ばすタイミングがとれていないようです。 中盤の...
簡単な曲を吹いて篠笛に慣れていく
何曲か吹きながら篠笛の運指、譜面の読み方を理解していきましょう。 「ほたるこい」:最初に吹く簡単な譜面ではなく少し難しい譜面で吹いてみましょう。 連続音の指打ちを練習します。六と七は同じ...
音の出し方について
 高音が出ない時があるということで吹き方をチェックしてみましょう。 何曲か吹いていただき、気づいた点として、 1.唄口がベストポジションからずれてしまう。 2.唇を締める力が強...
前回の復習
1.「ふるさと」「江戸子守唄」を吹く。 譜面の読み方が理解できているかの復習です。 「ふるさと」 七の連続音の指打ちを忘れないようにしましょう。また、七の指打ちですが、指を打つ時に六...
篠笛について
1.篠笛について。  篠笛は一本調子から十三本調子まであります。今回、私がお持ちしたのは三本から十本までです。他の楽器と合わせる場合、その日の気温、湿度、体調等により微妙に変化するので一つの調...

篠笛・祭囃子 一船会のレッスンノート ・・・計411件

篠笛・祭囃子 一船会 ページ先頭へ