音楽教室篠笛教室千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート

篠笛・祭囃子 一船会レッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

長唄「秋の色種(三下り)」1
1.長唄「秋の色種」を練習する。 まず、曲を聞いてイメージをつかみましょう。譜面をみながら運指の感じをつかんでください。 a.譜面をみながらゆっくりと吹く。 拍を延ばすところ、半拍の部分を...
音の出し方、曲を吹く。
1.音の出し方 唄口の当て方を色々と工夫しながら一番きれいと思う音の位置を確認しながら吹くと良いと思います。鏡を見ながら一番鳴る位置を覚えて再現できるようにしましょう。姿勢も真っ直ぐにするよう...
長唄「初子の日」「松の翁」
1.長唄「初子の日」を吹く。 全体的に、だいぶ良いです。ただ、出だしの部分がご自分でも仰るようにタイミングがつかめていません。曲のテンポを聞くのはもちろんですが譜面の通り、一拍づつ確実に吹けば...
篠笛について
1.笛の種類について。 簡単な笛の説明。大体ご存じでしたのでさらりと説明。 2.譜面の読み方、運指について。 八本調子はハ長調です。"ド "がこちらの運指でいう1になります。これを覚え...
長唄「松の緑」4
1.長唄「松の緑」を吹く。  前回指摘した箇所をよく浚っています。かなりいい感じに仕上がっています。四行目、六の連続音の音程が下がってしまったのが惜しかったですね。他はとても良いと思います。 ...
長唄「松の緑」3
一回目、通して吹いてみて。 前回よりかなり練習されたようですね、全体的にまとまっています。  息を延ばして音を切る時、息が弱くなり音程が下がるので音程が下がる前に音を切るか、カリ気味にして音...
「幣神楽」の練習(2)
「幣神楽」を練習する。 メロディはだいぶ覚えてきています。 9× 8 9× の運指は前回に比べてとても良いと思います。 息の区切りも良いですが、切った後すぐに吹かなくてはいけない箇所が休ん...
大甲音の練習2
1.式部「古歌」を吹く。 出だしの部分を吹いて3の大甲音の確認です。232の大甲音で、3の音を出すというよりは指を打って音を区切る感じです。きちんとした音が出ていなくても大丈夫のような気がしま...
ご自分で採譜された曲を練習する1(ゆず「雨のち晴レルヤ」)
1.カラオケで曲の確認をする。譜面との違いなど。 2.譜面を見ながらカラオケに合わせて吹いてみる。(Aパート、Bパート) 特に問題ないと思います。部分的に難しい小節がありますが練習して習...
大甲音を出す練習
1.式部「古歌」を吹く。 ご自分で採譜された曲を聞かせていただきました。 出だしの部分は大甲音で吹きましょう。下の音ではダメです。 大甲音を出すときは唇をきつく締めるような感じで息に圧力を...

篠笛・祭囃子 一船会のレッスンノート ・・・計353件

篠笛・祭囃子 一船会 ページ先頭へ