音楽教室篠笛教室千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート

篠笛・祭囃子 一船会レッスンノート(20ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.「屋台」を練習する。とりあ...
1.「屋台」を練習する。 とりあえず通して吹く。 掛りのタイミングの取り方が難しくテンポがはっきりとしないので大変ですがなんとかイメージをつかみましょう。 掛りから繰り返しに移るまでの曲は...
1.いままで吹いた曲をさらりと練習...
1.いままで吹いた曲をさらりと練習する。 ・「かぞえ唄」 3×の音が2と同じになってしまうときがあるので3×をはっきりと吹けるように練習しましょう。 ・「お江戸日本橋」 同じく3×の音で...
1.「山ざくら」を吹く。・0の...
1.「山ざくら」を吹く。 ・0の運指で、右手小指が開いている時は音が出ません。小指の孔は小さいので塞ぎづらいので大変ですが慣れるくらい練習できるとよいですね。 ・一行一息が原則ではありますが...
1.祭囃子を吹く。屋台~上り屋...
1.祭囃子を吹く。 屋台~上り屋台までを通して吹く。 「屋台」 最初の方の串中(チヒ)が少し早く吹いてしまう。 全体的に遅れる感じがある。 「昇殿」 吹き出し 27×65- ...
1.「英執着獅子~大宮人」を吹く。...
1.「英執着獅子~大宮人」を吹く。 音を延ばす箇所が早くなります。三味線の音源をよく聞いて合わせるよう意識しましょう。 7×の音程を音源に合わせるようにしてみましょう。 4の運指は右手中指...
1.「山ざくらの唄」を吹く。最...
1.「山ざくらの唄」を吹く。 最初の三行はゆっくりと吹きましょう。 二行目からテンポがありますのでしっかりテンポをとってたっぷりと吹きましょう。 0は流れで吹いていると押さえがうまくいかな...
1.「蜘蛛拍子舞」を吹く。4の...
1.「蜘蛛拍子舞」を吹く。 4の運指(中指を押さえる)もバッチリですね、練習の成果が確実に出ています。 あとは大体良いです。 2.「英執着獅子~大宮人」を吹く。 吹き始めからのテンポ...
1.祭囃子を通して吹く。譜面を...
1.祭囃子を通して吹く。 譜面を見ないで吹く習慣が少しずつついてきています。文句もほぼ間違えずにいけています。いい感じですね。 屋台、昇殿、四丁目のテンポがとれない箇所がありますのでテンポを...
「屋台」を練習する。1.繰...
「屋台」を練習する。 1.繰り返しの部分を練習する。 2.吹き出しから繰り返しまでの練習。 3.中の切の練習。 4.通して練習する。 前半の掛り、中の切の入り、共にタイミングの...
1.「ありのままで~」を練習する。...
1.「ありのままで~」を練習する。 前半部分を譜面を確認しながら吹く。 七×の替手を練習してみてください。 音源(60%)に合わせて吹いてみる。 後半を譜面を確認しながら吹く。 52×...

篠笛・祭囃子 一船会のレッスンノート ・・・計359件

篠笛・祭囃子 一船会 ページ先頭へ