音楽教室篠笛教室千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート

篠笛・祭囃子 一船会レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

長唄「藤娘」を練習する(1)
「藤音頭」「潮来音頭」「太鼓地」を通して吹いてみる。 1.「藤音頭」 出だしの23~の3を早めに吹き出しましょう。2の音が長すぎです。 2・(2の大甲音)の音が強すぎる感じがします。優...
「いい日旅立ち」「TSUNAMI」を吹く
「いい日旅立ち」を吹く。  メロディを確認しながら吹いていきます。カラオケに合わせて繰り返し吹けば段々わかってくると思います。五#をスムーズに吹けるようにしていきましょう。  サビの後、~い...
「海の声(篠原誠:作詞、島袋優:作曲)」を練習する(1)
 譜面を見て、五線譜の見方、数字譜の確認と音源を聞いてメロディを覚えていきます。 数字譜だけだとわかりづらいので歌詞がついてる譜面で歌詞を参考にメロディを覚えていった方がわかりやすいです。 ...
神楽囃子の練習1
神楽囃子「幣神楽、昇殿、幣神楽」を通して吹いていきます。 「幣神楽」ですが、合わない箇所は前半に集中しています。二度目の高音から神招き、上げは合っていますので自信を持って吹きましょう。 ...
長唄「鶴亀」を練習する(4)
1.通して吹いていきます。 運指、テンポ、タイミングの取り方、バッチリです。その調子でいきましょう。 細かい所で、息を切る時、もう少しフワッと切れると良いようです。また、音を延ばすとき息を震...
「花は咲く」を練習する(1)
1.音出し(ウォーミングアップ) 呂音、甲音、大甲音の練習。 大甲音が出づらいので集中的に。唄口をかぶせすぎるような傾向があります。音がこもっているような感じなので音を出した時にクリアな、大...
篠笛について
1.音出し 運指表について。指の形で数字が決まっているので、数字の音を吹いてみる。 呂音(漢数字の音)は吹けているので甲音(オクターブ上の音)も吹いていただきましたが問題なく吹けています。 ...
長唄「鶴亀」を練習する(3)
今回も通して吹いていきます。前回の注意点を意識しながら吹いてみましょう。  出だしの2は何回か練習するときれいに出せるようです。一発で出すのは難しいですが回数を重ねれば段々出せるようになってい...
長唄「松の緑」を練習する~4
前半部分を重点的に練習していきます。  二行目~ちたび~の20-02ですが、そこだけ練習すると問題ないのですが続けて吹くと音がうまく出ません。特に2の音をきれいに吹けるように繰り返し練習してい...
吹き方について
1.「花束を君に(宇多田ヒカル)」を吹く。 初めの~ふだんから メイクしないきみが~ の「きみが」の七×が音程が高いです。2から七×はどうしても音が高くなりがちなのでほとんど開けない感じです。...

篠笛・祭囃子 一船会のレッスンノート ・・・計355件

篠笛・祭囃子 一船会 ページ先頭へ