音楽教室篠笛教室千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート

篠笛・祭囃子 一船会レッスンノート(15ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.江戸祭囃子を吹く。「屋台」...
1.江戸祭囃子を吹く。 「屋台」~「上屋台」を通して吹く。 とても良く吹けています。間違えずに吹けるのが一番よいのですが、間違えた時の対処法として、   ・気にせずやめないでとにかく吹き...
1.江戸祭囃子を吹く。「屋台」...
1.江戸祭囃子を吹く。 「屋台」~「上屋台」まで通して吹く。 「屋台」:掛り~のタイミングが合わない箇所があります。 「昇殿」:大体は良いと思います。二杯目の高音に入るタイミングが一拍遅か...
1.甲音の出し方について。2か...
1.甲音の出し方について。 2から6までの音の出し方を練習します。2、3あたりは少し強めに吹くと出ますが、5、6になるとそれだけでは出づらいのが分かると思います。少しだけ笛を内側に向けると鳴る...
1.練習曲を吹く。「ほたるこい...
1.練習曲を吹く。 「ほたるこい」「さくら」「荒城の月」「江戸子守唄」「赤トンボ」「お正月」「とおりゃんせ」「春の小川」  色々な曲を吹いて運指の練習をします。連続音の指打ち、息継ぎのタ...
1.篠笛について簡単な説明。お...
1.篠笛について簡単な説明。 お持ちの笛について。八と書いてあるのはハ長調の笛です。ト音記号で何も符号がない曲をそのまま吹けます。 笛の番手は一から十三まであります。数字が小さいと音程が低く...
1.「星屑の町(ゴスペラーズ)」を...
1.「星屑の町(ゴスペラーズ)」を吹く。 ご自身で採譜したもので曲をきかせてもらった。 なかなか良いと思います。ただ、自分で分かる程度のものなので譜面の書き方も勉強してもらえるともっと良いと...
1.「ばかばやし」を吹く。最初...
1.「ばかばやし」を吹く。 最初から通して吹く練習。 とにかく吹いて慣れていきましょう。Eの部分がスムーズにいかないので繰り返し練習して克服しましょう。Bはだいぶいい感じになってきました。 ...
1.音出しについて。呂音から甲...
1.音出しについて。 呂音から甲音に変わる場合(例:二~2など)、口の締め方で音程を変えるように練習。 慣れてきたら一息で何回も変えるようにする。 2.「笛吹童子幻想曲」を吹く。 前...
1.息の入れ方。六の音を、今ま...
1.息の入れ方。 六の音を、今までのような息の入れ方ではなく音が裏返る寸前の強さで六の音を出してみる。 息が持つからといって苦しくなるまで吹くのではなくある程度一定の間隔で息継ぎをすると長い...
1.「江戸祭囃子」を通して吹く。...
1.「江戸祭囃子」を通して吹く。 ほとんど譜面も見ずに吹けています。また、特に間違った箇所もなくノリも良いので全然問題ないです。自信を持ってください! 2.「四丁目」を吹く。 先玉を長...

篠笛・祭囃子 一船会のレッスンノート ・・・計391件

篠笛・祭囃子 一船会 ページ先頭へ