サイタ音楽教室篠笛教室千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート

篠笛・祭囃子 一船会レッスンノート(12ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

「幣神楽」の練習(2)
「幣神楽」を練習する。 メロディはだいぶ覚えてきています。 9× 8 9× の運指は前回に比べてとても良いと思います。 息の区切りも良いですが、切った後すぐに吹かなくてはいけない箇所が休ん...
ご自分で採譜された曲を練習する1(ゆず「雨のち晴レルヤ」)
1.カラオケで曲の確認をする。譜面との違いなど。 2.譜面を見ながらカラオケに合わせて吹いてみる。(Aパート、Bパート) 特に問題ないと思います。部分的に難しい小節がありますが練習して習...
「屋台」の練習 掛り1
1.江戸祭囃子「屋台」を練習する。 吹き出し、掛りより屋台頭~結び、止め、半上げの練習。 吹き出し 8-7 6876- 8-7と次の6はつなげて吹いてください。また、6876-の後の串は ...
「幣神楽」の練習(1)
1.「幣神楽」を練習する。 今回から神楽囃子を練習します。メロディがわからないので繰り返し吹いてメロディを覚えていきます。  9× 8 9× の運指がかなり多く出てきます。運指に慣れていきま...
海の声(作詞:篠原誠 作曲:島袋優)を吹く(2)
1.海の声(作詞:篠原誠 作曲:島袋優)を吹く。 とても良いと思います。~会えないそう思うほどに~ 辺りがスムーズに吹けない時があります。何度も練習してスムーズに吹けるようにしてみましょう。 ...
江戸祭囃子「屋台」、長唄「越後獅子(なんたら~)」(2)
1.「屋台」の練習。  屋台頭~結びまでの繰り返し。 62、52、4・の運指で、62から52に移る時、右手の二本を離してしまうので離さないよう意識してください。 62 8 7 6 7 8 ...
練習曲を吹いて練習する(3)
1.音出し(ウォーミングアップ) 六、五、四と下げていく、二から2、3、4と上げて吹く。 7、8の音は出しづらいので口を締め圧力をかけて吹いてみましょう。 2.練習曲を吹く。 「ほた...
祭囃子「投合」の練習
1.「投合」を太鼓の文句、「天テレツクツク天スケ天イヤ」の間に合わせられるようにテンポをうまく掴む。 特定の文句でテンポがズれるようです。「2323-876-7-8」の前の行がうまくテンポにの...
舞姫(作曲:佐藤和哉)を吹く(4)
1.舞姫を吹く。 久々に吹いたので運指、メロディーを忘れていましたがすぐに思い出したのでよいと思います。全体的に前回より運指はスムーズにいけていると思います。更に細かく打てると良いのですが今の...
3×の練習2
1.音出し。 六の音から順に一まで吹いていく。1から8までの音を吹いていく。 52の大甲音を吹く。  息を長く出して吹けるのですごく良いです。次の目標は音をまっすぐ出すことを意識してくださ...

篠笛・祭囃子 一船会のレッスンノート ・・・計365件

篠笛・祭囃子 一船会 ページ先頭へ