音楽教室篠笛教室千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート

篠笛・祭囃子 一船会レッスンノート(11ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.音出しについて。呂音から甲...
1.音出しについて。 呂音から甲音に変わる場合(例:二~2など)、口の締め方で音程を変えるように練習。 慣れてきたら一息で何回も変えるようにする。 2.「笛吹童子幻想曲」を吹く。 前...
1.息の入れ方。六の音を、今ま...
1.息の入れ方。 六の音を、今までのような息の入れ方ではなく音が裏返る寸前の強さで六の音を出してみる。 息が持つからといって苦しくなるまで吹くのではなくある程度一定の間隔で息継ぎをすると長い...
1.「江戸祭囃子」を通して吹く。...
1.「江戸祭囃子」を通して吹く。 ほとんど譜面も見ずに吹けています。また、特に間違った箇所もなくノリも良いので全然問題ないです。自信を持ってください! 2.「四丁目」を吹く。 先玉を長...
1.「ばかばやし」Bの練習。 ...
1.「ばかばやし」Bの練習。  大甲音(高音)が続くので音を出すのが大変ですがまずは運指(52、62、キ)に慣れましょう。 2.「ばかばやし」Eの練習。  音は出ていますので2、3、5...
1.「上屋台」を練習する。屋台...
1.「上屋台」を練習する。 屋台頭から結びまでを3回繰り返し、4回目で止め、本上げに入ります。 本上げのテンポはゆっくりせずに止めとあまり変わらないテンポで吹きましょう。 7×65はすぐに...
1.練習曲を吹く。「ほたるこい...
1.練習曲を吹く。 「ほたるこい」「たこたこあがれ」「かごめ」 「かごめ」の二に下がる所がスムーズにいくようにしてみてください。 2.四から一の練習。 練習の譜面をみて運指の練習。 ...
1.「刀剣乱舞」作成した譜面を...
1.「刀剣乱舞」 作成した譜面をチェックする。 大体合っています。延ばす拍を注意して採譜すると大丈夫だと思います。 曲を吹いて聞かせてもらう。 全体的に少しゆっくり吹くようにすると篠笛の...
1.「人馬」の練習。譜面を見て...
1.「人馬」の練習。 譜面を見て吹く。 音源に合わせて吹く。 最初のメロディで、へトト(でしたか?)のタイミングの取り方を直しましょう。 寺のおしょさん(でしたよね?)は区切らず一息で吹...
1.「屋台」~「四丁目」を通して吹...
1.「屋台」~「四丁目」を通して吹いてみる。 「屋台」について。 吹き出しの6876で、6から8に移るときに7の音が聞こえるので意識して吹きましょう。 掛かりはゆっくり吹きますが、あま...
1.「竹田の子守唄」を吹く。パ...
1.「竹田の子守唄」を吹く。 パートⅠの部分を吹く。 最初の2行はもっとゆったりと吹きましょう。一人で吹くとだんだんテンポが速くなりがちですのでしっかりとテンポを刻むように心がけましょう。 ...

篠笛・祭囃子 一船会のレッスンノート ・・・計359件

篠笛・祭囃子 一船会 ページ先頭へ