音楽教室篠笛教室千葉 篠笛・祭囃子 一船会 レッスンノート

篠笛・祭囃子 一船会レッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

獅子素囃子を練習する(3)
1.通り神楽、屋台を吹く。 「屋台」で屋台頭の「62 8 7 6 7 8」の62の吹き出しが遅れます。1拍目と同時に吹き出すようにしましょう。一息で吹けば間に合うのですが、もし苦しいようで...
篠笛について
1.篠笛について簡単な説明 篠笛は一本調子から十三本調子まであります。十三本調子は一本調子の一オクターブ上になります。お持ちの八本調子はハ長調にあたります。 篠笛は自然の竹を使っているので個...
「屋台」を練習する(4)
1.「屋台」を通して吹く。  通して吹いてみて確認していきます。 「掛り」の ”56-4323--234”の234は、”ツ ドドドン”の場所になりますが、ツ の後すぐに234を吹く感じと...
色々な曲を吹いて篠笛に慣れる。
久々のレッスンなので色々な曲を吹いてみましょう。 1.「さくら」「荒城の月」「赤とんぼ」を吹く。  3曲聞かせていただきました。運指は大丈夫でしょう。息継ぎの前で息を切る時に力を入れ...
「仁羽」を練習する。
1.音出しについて。  高音の出し方ですが、見た感じ唄口をもう少し内側に巻いて吹いた方がいいと思います。唄口が外側に向いているとかなり出しづらいと思います。いままでそれで慣れていたので修正...
長唄「蜘蛛拍子舞」江戸祭囃子「屋台」を練習する(3)
1.「蜘蛛拍子舞」 3行目「~まる~」の2の延ばしが長いように思います。 その他、何ヶ所か遅れる時があります。三味線をよく聞いて合わせるように意識しましょう。あとは全体的にいい感じに...
指打ちについて
祭りのお囃子の場合の「指打ち」について何点か知っている範囲で確認していきましょう。そちらの囃子の運指表記で書くことができないのでこちらの表記で説明させていただきます。  例えば「5353~...
獅子素囃子を練習する(2)
1.通り神楽、屋台を吹く。 通り神楽はだいたい良いと思います。 「屋台」打込みの後の「串キ62-52 5・ 4・-」ですが、串の入るタイミングが一拍遅いと思います。基の譜面を今一度確...
「屋台」を練習する(3)
1.掛り  56 -4323 - - 2 3 4   天 天イヤ 天 天 ツ   ドド ドン 太鼓、大太鼓と笛の合う場所が決まっています。234の3とドが一緒になります。4を吹いて...
長唄「福寿の草摺り」を練習する(2)
1.長唄「福寿の草摺り」を吹く。 まず、何回か通して吹いていきます。苦手な部分を特定して少しづつ直していきましょう。 難しいですが、7×、3×の音程が安定しません。所々高くなりますの...

篠笛・祭囃子 一船会のレッスンノート ・・・計402件

篠笛・祭囃子 一船会 ページ先頭へ