サイタ音楽教室篠笛教室レッスンノート 長唄「秋の色種(三下り)」1

長唄「秋の色種(三下り)」1

篠笛教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.長唄「秋の色種(三下り)」を吹く。
格段の進歩がみられます。曲のスピードにもついていけていますし、8分音符?の部分も
良く吹けています。
細かい部分で、2行目56-の吹き出しが遅くなりがちですので二拍で吹き出しましょう。
55〃233〃23〃三0六 の部分の三は、3で吹いてよいです。そうするとテンポにも合うようになると思います。
最後の4643420ー、の後の吹き出しは唄の節をよく聞いて音程が上がったら吹き出すようにしましょう。(説明だとわかりづらいですが…)
もう少し吹き込んで更にスムーズに吹けるようにしていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

国指定重要無形民俗文化財、江戸里神楽「若山胤雄社中」所属!

レッスンノート ページ先頭へ

篠笛情報

サイタの篠笛講師がブログを通して、篠笛情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

篠笛の先生

@ShinobueCyta