音楽教室篠笛教室レッスンノート 1.屋台~上げ屋台までを通して吹く...

1.屋台~上げ屋台までを通して吹く...

篠笛教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.屋台~上げ屋台までを通して吹く。
中の切で文句がでてこなくてもわかる所から続けてください。何があっても止まらずに続けてください。止まらなければ問題ありません。
四丁目、64646464のテンポは少し早めですがそれでよいです。遅くなるよりいいのでその調子でいきましょう。

2.太鼓だけの音を聞いて合わせてみる。
テンポをつかみづらいですが、音をよく聞いてノリをつかむ練習です。合わせる感覚をつかんでいきましょう。
屋台の掛かりは、ツ という間を聞いて56―と吹き出してください。また、トーヒューヒャヒエヒャイトーロ が遅くなる傾向がありますのでテンポを保つように意識しましょう。

上げ屋台の中の切りもそうですが、屋台、四丁目は文句を早く吹けるように練習してみてください。かといって休む間は必ずとってください。これは重要です。今夜の練習に生かしてみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

国指定重要無形民俗文化財、江戸里神楽「若山胤雄社中」所属!

レッスンノート ページ先頭へ

篠笛情報

サイタの篠笛講師がブログを通して、篠笛情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

篠笛の先生

@ShinobueCyta