音楽教室篠笛教室レッスンノート 1.「山ざくらの唄」を吹く。運...

1.「山ざくらの唄」を吹く。運...

篠笛教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

1.「山ざくらの唄」を吹く。
運指はだいたい良いと思います。また、息継ぎを多くとってください。初めはゆっくりなので息をこまめに吸って延ばす箇所をたっぷり延ばせるように考えながら吹けるようになるとかなり上達します。テクニックを身に付けつけましょう。

2.「おとずれ」を吹く。
イメージはだいぶ掴んでいますのでとても良いと思います。次回はなるべく譜面から離れて吹けるように、イメージをさらに表現した吹き方を意識してみてください。

3.「蜘蛛拍子舞」を吹く。
「メロディが今一」とおっしゃるわりにはまあまあ吹けています。今の段階ではとにかく曲に慣れ、回数を吹くことを重点的にやりましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

国指定重要無形民俗文化財、江戸里神楽「若山胤雄社中」所属!

レッスンノート ページ先頭へ

篠笛情報

サイタの篠笛講師がブログを通して、篠笛情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

篠笛の先生

@ShinobueCyta