サイタ資格取得講座色彩検定試験対策講座色彩検定3級兵庫 ザ・ベイ色彩検定3級対策講座 スクールブログ 話題の本

話題の本

少し前から話題のこちらの本。

「フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質-を高める秘訣~」
ジェニファー・L・スコット


アマゾンのレビューなどでは、
日本人にとっては当たり前のみんな知ってることばかり
とか
10着というのはうそだ

などなど、批判的な意見も多くて、逆に面白いなぁと読んでみました。

確かに、当たり前のことも多いのですが、

知っている

やっている

は異なるので、分かっているけどやれていない、やればいいのだろうけどなんだかね…
という場合には、違う視点からの意見として読むとすっと入りやすいのかも、と思いました。

この中で、フランス人のマダムがアメリカ人留学生に、

「自分の似合う色、似合わない色を知っておくこと」

と言います。

これはまさにパーソナルカラーのこと。

アメリカへ行った時も感じたのですが、欧米の方は私たちよりも、自分自身と色、についてとても感度が高い人が多いように思います。

私たちも、パーソナルカラー、と大上段に構える前に、着ていて人から褒められる色、といったレベルでもっと自分と色の関係を日常的に見ていきたいなと思わせてくれた書籍でした(^^)

話題の本

(2015年5月28日(木) 20:46)

前の記事

この記事を書いたコーチ

1級受験者が全員合格!興味に応じた資料作りや、秘伝のゴロ合わせも

新着記事

少し前から話題のこちらの本。 「フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質-を高める秘訣~」 ジェニファー・L・スコット アマゾンのレビューなどでは、 日本人にとっては当たり前のみんな知ってることばかり とか 10着というのはうそだ などなど、批...

先日から夏のシューズ、サンダルを買わなければと見ていました。 ベージュ、黒、差し色、の三足を探していて、一応これ、というものを絞り込み… まずは一足、と買うタイミングになって、すっかり地域性を忘れ、間違えた順序で購入してしまいました。 私が主にショッピングをするのは神戸で...

ホテルインターコンチネンタル大阪のロビーにある彫像、私はこちらがとっても好きで、グランフロント大阪に来たら、彼らを観たさにこのロビーに上がってしまうほど… 袴田京太朗さん という作家さんの作品だそうです。 この方は他の作品も、こうしてカラフルなストライプに包まれたものが多いよう...

毎年この時期になると浮かぶ疑問。 桜の枝(幹)ってなぜ焦げ茶色…? 子どもの頃から、この淡い淡い桜の花の間に見える枝のダークな色が気になっていました。 どうして、花の色を邪魔するかのようなこんな色なんだろう、同じ淡い色でいいんじゃないの、と。 遠目に見ても、枝の...

先日、色彩心理の超基礎といえる、入門編の内容のセミナーをさせて頂きました。 専門的なセミナーもあれば、基本的なセミナーもあり、私はお仕事としてはどちらも大好きですが、このところ、基本的な内容のご依頼を頂くことが増えているように思います。 おそらく、カラーって身近にあり過ぎて、じ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、色彩検定3級レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ