全国5万人が受講している「サイタ」

色彩検定3級講座・スクール

色彩検定3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座色彩検定試験対策講座色彩検定3級兵庫 ザ・ベイ色彩検定3級対策講座 スクールブログ 桜の枝はなぜ焦...

桜の枝はなぜ焦げ茶?

毎年この時期になると浮かぶ疑問。

桜の枝(幹)ってなぜ焦げ茶色…?

子どもの頃から、この淡い淡い桜の花の間に見える枝のダークな色が気になっていました。


どうして、花の色を邪魔するかのようなこんな色なんだろう、同じ淡い色でいいんじゃないの、と。


遠目に見ても、枝の主張はかなりあります。


そしてここ数年思っているのが、

『夜桜を主眼においての、この色なのではないだろうか?』

ということ。

夜桜だと、このほの白い桜の花たちだけが闇にぷかっと浮かび上がります。

その時、枝は闇に溶け込み、存在を忘れています。

夜には花びらを閉じるお花もある中、桜はきちんと開花しています。

私は青空の下の桜が大好きですが、もしかしたら自然は、桜を宵闇の中でこそ美しく見えるように造っているのかもしれません(^^)


皆さまは、どう思われますか?

桜の枝はなぜ焦げ茶?桜の枝はなぜ焦げ茶?桜の枝はなぜ焦げ茶?

(2015年4月6日(月) 21:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

1級受験者が全員合格!興味に応じた資料作りや、秘伝のゴロ合わせも

ブログ記事 ページ先頭へ