全国5万人が受講している「サイタ」

色彩検定3級講座・スクール

色彩検定3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座色彩検定試験対策講座色彩検定3級兵庫 ザ・ベイ色彩検定3級対策講座 スクールブログ カラー先進国ア...

カラー先進国アメリカで感じたこと

アメリカはパーソナルカラーの発祥地とも言われ、カラー先進国です。

旅行などで訪れると、アメリカの方は色使いが鮮やかだなぁという印象はありました。


先月、仕事で一週間ほどアメリカの展示会場にいたのですが、カラー先進ぶりを実感することが多々。

例えば、自分に似合う色を一般の方がすごくよく理解していらっしゃること。

私にはこのゴールドよりこっちのゴールドのほうが似合うのよ、
とか
私の瞳の色にマッチするからこのネックレスはとても気に入ってるの
など。

日本より髪や肌、目の色が多様なお国柄もあるとは思いますが、お一人ずつの意識が高いと感じます。

そして、類似色相よりも対照色相の配色を好む方がとっても多いことも、興味深いことの一つでした。

きっと馴染みの良い同系色でまとめるよりも、パッと目を引く色の組み合わせのほうが良しとする方が多いのですね。

色を身にまとうイコールアイキャッチ、という公式がごく普通にあるように感じます。

あとはビビッドカラーを取り入れている方の多いこと!

中高年の方でも、男女問わず、明るいカラーのチーフをさしたり、眼鏡のフレームがビビッドだったり、ネイルとバッグが鮮やかなブルーだったり…

無難という言葉はないようでした(^^)

日本も少しずつそうした色使いの方が増えていますが、もっともっと、たくさんの方がカラーを愉しむ気分になったら嬉しいですね。

カラー先進国アメリカで感じたことカラー先進国アメリカで感じたこと

(2015年3月18日(水) 22:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

1級受験者が全員合格!興味に応じた資料作りや、秘伝のゴロ合わせも

ブログ記事 ページ先頭へ