全国7万人が受講している「サイタ」

司法書士講座・教室(資格試験対策)をプライベートレッスンで探す

司法書士講座(資格試験対策)を選ぶ

初めて司法書士を受験する方も安心!
日時を選べる個人レッスンです

あなたにピッタリの司法書士講座を見つけることが出来ます。

サイタ資格取得講座司法書士講座

都道府県・人気エリアから探す

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

はじめて受講される方へ

サイタおすすめの理由

  • 気楽に思いっきり楽しめる!

    気楽に思いっきり楽しめる!

    曜日や時間だけでなく、レッスンの頻度も自分で決められるので無理なく好きなだけレッスンが受けられます。

  • 近場で無理なく続けられる!

    近場で無理なく続けられる!

    全国でコーチを選択可能なので、最寄駅や会社の近くなど自分の都合の良い場所でレッスン可能です。

  • 好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    マンツーマンレッスンなのでコーチが要望に合わせてやりたいことやできるようになりたいことに集中した内容にカスタマイズできます。

レッスン料金

60分あたり3,700円〜

シンプルな料金設定だから、わかりやすくて安心!長く続けられる方への割引コースもあります!

別途、レッスン毎にカフェ利用時のご自身のドリンク代をお支払いいただきます。

※サイタに初めてご入会の方は、入会金8,000円をいただいております。

司法書士教室の無料体験レッスンについて

サイタの司法書士教室ではコーチとの相性を感じていただくために60分間のレッスンを0円でお試し受講いただいています。
もし司法書士教室無料体験で受講したレッスンがご満足いただけなかった場合、他のコーチで無料体験をもう一度受講していただくことが可能です。ピッタリなコーチが見つかった時にご入会いただけます。

司法書士教室の無料体験レッスン内容例

14:00
コーチと待ち合わせ
14:05
悩みや課題の相談
14:15
司法書士のテスト実施
14:40
テスト結果を元に復習
14:55
今後のスケジュール決め

無料体験レッスン受講までの流れ

1

3分でカンタンお申し込み

無料体験レッスンお申し込みフォームから必要事項を入力し、お申し込みください。

2

メールで日時のご確認

ご希望の日時をメールでご確認ください。

3

コーチと待ち合わせ

事前にご希望いただいた場所で、講師がお待ちしております。

司法書士講座(資格試験対策)の人気講師

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる司法書士講座(資格試験対策)の講師一覧です。

約2時間前更新
東郷進さん

東郷進さん

ジャンル

司法書士

主なレッスン会場

梅田/大阪

増渕斉さん

増渕斉さん

ジャンル

司法書士

主なレッスン会場

新宿

司法書士講座 体験レッスンの感想コメント

司法書士講座のレッスンを体験した方の声をご紹介

4月9日(土) 5:05 更新

40代男性

全文を読む

物腰の柔らかい先生で、好感が持てました。 私の勉強の進捗状況を把握された上で、適切なアドバイスを頂きました。 これから、本試験まで。先生を信じてついていきますので、よろしくお願いいたします。

40代男性

全文を読む

大変親切に対応していただき、凄く好感が持てました。 ありがとうございました。

新着レッスンノート

司法書士講座のレッスン記録ノートの一部をご紹介します!

2月15日

民法入門レッスン民法入門レッスン

前回に続き、物権法の基本原則(占有の適法推定と即時取得の関係)を確認し、更に債権総論まで学習を進めました。債権者代位権の事例について被代位債権の意味や保存行為の確認を行いました。詐害行為取消権についての比較まで予習が進められており、レッスンが大変充実した内容となりました。 債権譲渡の第三者対抗要件も予習を進められており、レッスンでの事例解説を深く考えることができたと思います。 この調子で次回の民法総則、代理制度の学習を進めて行きましょう。

2月12日

民法入門レッスン民法入門レッスン

講師の受験時代の手書きノートを見てもらい、記憶の定着のために何度も加筆した痕跡を実感していただきました。 民法の学習は、引き続き基本を大切にしながらテキストを丁寧に読み進められています。本日は、動的安全と静的安全の具体例、意思主義と表示主義の説明、不当利得と現存利益の処理、解除の効果など盛りだくさんの学習内容でした。 次回も引き続き、テキストを読み進めながら疑問点を解消していきましょう。

1月29日

民法入門レッスン民法入門レッスン

物権法定主義、対抗要件主義、背信的悪意者排除論といった物権法の基本原理について、「条文と判例が真逆なのはどうして?」という素朴な疑問・基本に立ち返って掘り下げる姿勢が自然とできていました。 納得できない箇所には積極的にクエスチョンマークを付けて、レッスン時にまとめて質問してもらう進め方を次回も続けたいと思います。 また、次回は講師の手製学習ノートを見てもらって、完成形のイメージを持ってもらえればと思います。

1月21日

司法書士講座 民法レッスン司法書士講座 民法レッスン

受講生が使用中のテキストに沿って、民法の学習状況を確認しました。即時取得制度について、動産取引の安全に関する基本理解を確実にするとともに、ややわかりにくい設問箇所の確認をしました。 動産・不動産の区別による民法取引制度の違いを理解し、「宝石」などのわかりやすい具体例に沿った制度の学習を行いました。 次回は、現時点では難しい設問はいったんスキップして、テキストの制度説明部分の全体像を、読み進められるところまで、学習予定です。

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる