資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 レッスンノート

社会保険労務士養成講座レッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

今後のレッスンの方針
●人事労務の知識を深めるため、来年8月の社会保険労務士試験にチャレンジしていきましょう。●まずは教材の選定が問題となります。無料動画をベースに基礎力を身につけていきましょう。●平行して過去問題集...
学習進捗状況の確認
●雇用保険法が終了し、順調に学習できているようですが、さらに学習のペースを速め、1回転目を終わらせてください。●最終的には何回繰り返せるかが勝負ですので、1回転する時期が遅くなればなるほど合格が...
改正法 疑問点の解消
●寡婦年金支給が「掛け捨て防止」の目的であれば、老齢や障害の受給権を得たことがある場合に受給を認める必要はないという考え方が基本です。しかし老齢年金には繰下げ制度があります。つまり、請求を忘れて...
学習の進捗状況確認 労災保険疑問点
●スクール内の模試では80%の得点率を目標に学習を進めてください。●社会保険科目は誤って解答した部分を分析し、弱点を把握する必要があると思います。●また社会保険科目は労働科目と比べて、過去問の出...
疑問点解消 年金法と高額療養費
●老齢年金の受給開始年齢は原則65歳ですが、状況に応じて60〜64歳まで早めて受給することもできます(繰上げ受給)。繰上げ受給には、すべての年金を操作する全部繰上げ受給、一部だけを操作する一部繰...
学習計画
●平成30年社会保険労務士試験の学習計画を確認させていただきました。●過去問題集を軸にして、インプットとアウトプットをバランスよくこなしていってください。●難問を深く考え込む必要はありませんが、...
学習の進捗状況の確認
●学習スケジュールは順調に進んでいるようですが、インプットとアウトプットのバランスを意識して、学習を進めてください。●年内は、マークシートの解答法や速読に関する本も研究してみてください。社会保険...
国民年金法・厚生年金保険法 疑問点の解消
●国民年金と厚生年金保険法は共通する部分と異なる部分を対比しながら、知識をひとつひとつ増やしていってください。●健康保険法と年金科目は過去問の再出題の比率が高い科目です。過去問を眺めながら、少し...
労働基準法 疑問点の解消
●解雇制限除外認定を受けなくても、認定に係る事実が明らかであれば、解雇の効力に影響はない。ただし労働基準法20条2項には違反している。●変形労働時間制は3段階で時間外労働を見ていく①日単位②週単...
インプットとアウトプットのバランス
●インプット(見る・聴く)とアウトプット(書く・話す・問題を解く)をバランスよく組み合わせて学習を進めてください。●問題を解くときは時間を測って解くことにより、そのスピードが上がります。本試験を...

社会保険労務士養成講座のレッスンノート ・・・計80件

社会保険労務士養成講座 ページ先頭へ