全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 「やるべきこと...

「やるべきこと」と「やったほうがいいこと」

資格スクールに通うメリットとして、毎週一定のペースで授業が進行するため、学習リズムが組み立てやすいということが挙げられます。
なんとなく気が乗らないときでも授業は進行していきますので、ついていかざるを得ない状況が発生します。そして授業と並行して過去問演習をすればよいわけですから、やるべきことで悩む暇はありません。

しかしながら、独学で学習される方は、自らレールを引き、自ら学習リズムをつくっていかなければなりません。学習を進めるにしたがって「よくわからない箇所」もあちこちで出てくると思います。そのような場合は躊躇なく飛ばしていってください。
学習の初期段階では「やるべきこと」と「やったほうがいいこと」の区別がつきません。ぐちぐち悩んでいる暇があるのであれば、先の単元に進んでください。

くれぐれも「よくわからない箇所」を調べることに時間を費やさないでください。
調べることは最も時間を費やす作業ですので、ここに多くの時間を費やすことは極めて危険な行為です。とにかく「ひととおり学習する」ことを優先させ、反復学習ができる体制をつくっていきましょう。

労働基準法から学習し始めたけれども、1月以上かかったという方は学習方法を根本から見直した方がいいかもしれません。社会保険労務士試験は「やったほうがいいこと」がたくさんあります。しかし、細かな論点は後回しで構いません。早めに一通りの学習を終え、理解する段階から記憶する段階に移行させましょう。
記憶するためには反復あるのみです。反復できない学習計画はその時点でアウトです。
もう一度学習計画を見直してみてください。今なら修正可能です。

 

(2016年10月16日(日) 15:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

社会保険労務士養成講座
佐藤和之 (社会保険労務士)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・伊丹・塚口・稲野・伊丹・御影・谷町四丁目

ブログ記事 ページ先頭へ