全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 平均受験回数

平均受験回数

社会保険労務士試験オフィシャルサイトにおいて、試験に関する詳細なデータが記載されています。この中には受験者の特性も含まれていますが、残念ながら平均受験回数が記載されておりません。したがいまして、公式的な統計はないと考えてよさそうです。
また、某大手資格スクールが合格者アンケートに基づく結果を公表していますが、あまり信用できるデータではありません。
公表されているデータによれば、受験者の中で、短期受験者(1回~3回)が圧倒的多数を占めていますが、長期受験者(5年以上)及び受験を途中であきらめた方は、そもそもアンケートに回答していないからです。

ただし、受験回数が多くなると、学習自体がマンネリ化し学習意欲が低下する恐れがあります。したがいまして、あまり「社会保険労務士試験は難しい」との先入観をもたず、短期合格を目指すべきのが王道です。受験回数が複数回になると、学習内容に対する興味がうすれ、疑心暗鬼で教材に向き合うことになるからです。興味がないことをいやいやこなすことは、とてもつらい作業です。「何年か学習を続けて、そのうち受かればいいな」という感覚で学習を開始すると、最終的に挫折する可能性が高いと思われます。

「平成29年の本試験で必ず決着をつける」との強い覚悟で社会保険労務士試験に挑んでください。択一式で合格可能ラインに達するようになれば、あとは運を天にまかせるのみです。

 

(2016年10月2日(日) 8:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

社会保険労務士養成講座
佐藤和之 (社会保険労務士)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・伊丹・塚口・稲野・伊丹・御影・谷町四丁目

ブログ記事 ページ先頭へ