全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 練習のための練...

練習のための練習はやめよう

36秒 210分÷70問÷5肢=36秒
択一式試験でかけられる1肢あたりの時間です。

近年、択一式問題の長文化が顕著です。その結果、問題を解くスピードの重要性が年々増しています。すべての設問に真正面からぶつかるのではなく、「この設問は考えて解ける問題なのか」という判断を瞬時にしていかなければなりません。

今年度、初めて受験される方の中には、大手資格スクールの模試を受けられる方もいらっしゃると思います。その中には、やたら長い問題文に時間をとられ、戦意を喪失される方もいるかもしれません。

このような本試験形式の試験は「日頃から早く解く」「わからない問題は早めに見切る」というトレーニングを普段からやっていないと対処できません。
過去問演習がまだ不十分な方も、本試験を見据えて、スピードにこだわった演習を意識してください。本試験はじっくりと腰を据えて考える環境にはありません。
したがいまして、普段からそのような過酷な状況を意図的に作りだすことが、本当に実のある実践的な試験対策につながります。

練習のための練習はやめよう!


 

(2016年6月12日(日) 9:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

社会保険労務士養成講座
佐藤和之 (社会保険労務士)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・芦屋・住吉・大阪天満宮・海老江・御幣島・塚口・稲野・...

ブログ記事 ページ先頭へ