全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 思考の痕跡を残...

思考の痕跡を残す意味

社会保険労務士試験は忘却との戦いです。
丁寧に学習したつもりの分野でも、1月たつときれいさっぱり忘れてしまいます。

記憶と忘却時間の関係を理解する際に、例として挙げられるものに「エビングハウスの忘却曲線」があります。ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスは、意味のない3つのアウファベットの羅列を被験者に覚えさせて、その記憶がどのくらいのスピードで忘れられていくかを実験し、調べました。この実験から、20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後に77%、1月後に79%を忘れてしまうという結果がでました。この結果から、言えることは【復習をすること】の重要性(※特に学習した直後)と【学習した内容の意味づけ】の重要性です。

社会保険労務士の学習を進めるに当たり、難しく感じる箇所が必ずでてきます。また数字を大量に覚えたり、限定列挙の項目を覚えたりする必要性も生じます。しかし、これらの作業をいっぺんにやってしまおうとすると前に進めなくなってしまいます。

初学者にとって最も重要なことは、とにかく前に進めることです。どんどん覚え、恐れることなく忘れてください。ただ、「ここはよくわからない」「過去問をながめたけど
さっぱりだ」「こんなにもおぼえられない」「どうしたら覚えれられるだろうか」と感じた思考の痕跡を残すことは大切です。

社会保険労務士試験合格する方は、間違いなく繰り返し反復学習しています。
思考の痕跡を残しておけば、再度見直した際に、記憶に残る確率が間違いなくあがります。工夫したことは決して無駄にはなりません。

できれば、日々ラーニングログ(学習記録)をつけていくことをお勧めします。自身の成長の度合いが自覚できれば、学習意欲もおのずと高まるはずです。

 

(2016年1月31日(日) 9:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

社会保険労務士養成講座
佐藤和之 (社会保険労務士)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・伊丹・塚口・稲野・伊丹・御影・谷町四丁目

ブログ記事 ページ先頭へ