サイタ資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 本番を想定した...

本番を想定したトレーニング

社会保険労務士試験は択一式と選択式の基準点を両方クリアする必要があります。試験の形式は異なりますが、両方とも選ぶ試験です。自らの頭の中からひねり出して解答するのではなく、微妙な言葉のニュアンスの違いを正確に把握すればよい訳です。

初学者の方は、ともすれば過去問演習を後回しにしてしまいがちです。まず学習内容をある程度理解してから、問題にとりかかろうというスタンスです。
しかしながら、こういった言葉のニュアンスに敏感になるために、学習の初期の段階から、問題文を読み流すことをルーティンワークにすることをお勧めします。

勿論、本試験問題には難問・奇問が数多く含まれているため、理解に苦しむ文章がたくさんでてくると思いますが、わからない文章は躊躇なく飛ばしてください。
ここで最も重要なことは、「わからないことを調べない」ということです。
「調べる」という作業は思いのほか時間がかかります。解らない論点でいちいち立ち止まっていては最後までなかなかたどり着きません。合格するために最も重要なことは、過去問を繰り返し読むことです。
繰り返さずに試験日を迎えるということは、必然的に不合格を意味します。

そもそも、わからない文章をいちいち気にしていたら、学習意欲がしぼみ、途中で挫折してしまう危険性があります。「この問題は考えてもわからない」ということがわかることでも一歩前進です。近年は問題の長文化が進んでおり、問題の見極め(考えてわかるかどうか)すなわち時間配分も合格するために必要な要素となっています。

わからない問題をとばすという作業は、本番を想定した絶好のトレーニングにもなります。テンポよく過去問を読み流していきましょう。わからない個所は、繰り返し学習を進める過程でいずれ再会することになります。慌てて一度に全てを理解する必要はありません。「ゆっくりいそげ!」




 

(2015年12月20日(日) 9:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

新着記事

本日、第50回社会保険労務士試験の申込受付が終了しました。 アトは試験日までにやるべきことをやりきるだけです。 今後、模擬試験や答案練習を受けられる方も大勢いらっしゃると思いますが、必要以上に一喜一憂しないで頂きたいと思います。特に合格判定につきましては、あまり信用できるものとは思えま...

社会保険労務士試験は記憶すべき内容が膨大な量であるため、試験合格には反復学習が必須であり、長期間の学習が必要とされます。 合格に要する時間は人それぞれですが、一般的には1000時間程度の時間を要すると言われています。 ただし、誤った学習方法でこの試験に取り組むと、その数倍の時間が必要となる...

3月に入り、第50回社会保険労務士試験まで半年を切ってきました。 順調に学習が進んでいる方は今のペースをつつけていけばよい訳ですが、あまり思うように学習が進まず、悶々とした気持ちを抱いている方もいらっしゃると思います。 会社員の方は、1週間かひとつの区切りとなっていると思います。 学...

過去問題集を読み流す際に、ページをめくる手が止まってしまうのは、難問にぶち当たったときです。難問に対する対処法が、その後の学習意欲に大きく影響を与えます。 辰巳法律研究所から出版されている佐藤としみ先生の過去問題集は、難易度が3段階に分かれており、難問をスキップ(回避)しやすくなっていま...

社会保険労務士の学習は1年にわたる長期戦になります。したがいまして、モチベーションの維持には様々な工夫が必要となります。 自身の学習の進捗度を測るものに【模擬試験】がありますが、大手資格スクールのそれは、6月から7月に集中しています。これを本試験と見立てて、学習を積み重ねていっていただき...

ブログ記事 ページ先頭へ