全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ オーディション...

オーディションを受ける

開業社労士であれば、各種団体・教育研修機関に対するセミナー・研修の企画提案、
出版社に対する企画応募、その他企業に対するコンサルティング業務の提案等が「オーディション」にあたります。勤務社労士であれば、社内コンテストへの応募や転職活動がそれにあたります。広い意味で考えれば、日常の仕事も「オーディション」の連続と考えられます。

「オーディション」を受けることの効果は、自分の能力が第三者の厳しい目にさらされることにより、本当の自分の実力がわかることです。まずは自分をアピールすることがスタートラインです。その結果、思わしくない反応が返ってきたとしても、第三者から
返ってきた反応をもとに、新しい第一歩を踏み出すことができます。

私が社会保険労務士として開業登録した当初、当時の社労士会の支部長に開業の挨拶に伺いました。開業したばかりで五里霧中の状態でしたが、その際、支部長から今後の活動に対して「二つの貴重なアドバイス」を受けたことを記憶しています。

●自分の経歴・得意分野(今までやってきたこと)を徹底的に深堀する。
●毎日が面接だと考え、日々会う方々の信頼を勝ち得ていくことを心がける。

日々の小さな出会いに真摯に向き合うことが、突然始まる大きな「オーディション」の
チャンスを呼び込むことにつながるということです。
「毎日がオーディション」それを意識して過ごすことが、なりたい自分を引き寄せることにつながっていくと確信します。どっちつかずで鬱屈した状態を抜け出し、前へ前へとなりたい自分に向かって進んでいきましょう。





 

(2015年10月18日(日) 8:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

社会保険労務士養成講座
佐藤和之 (社会保険労務士)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・伊丹・塚口・稲野・伊丹・御影・谷町四丁目

ブログ記事 ページ先頭へ