サイタ資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 点と点をつなぐ...

点と点をつなぐ(connecting the dots)

「点と点をつなぐ(connecting the dots)」はスタンフォード大学の卒業式スピーチでスティーブ・ジョブス氏が話されていた3つのエピソードの1つです。
過去、真剣に取り組んでいたことが、時を経て役立つことがあるという話です。

Apple社が開発したMACはデザイン性に優れ、とりわけフォントの美しさには定評があります。しかしそのデザインの知識は、ジョブス氏が大学を中退する前、カリグラフィーの授業で得たもので、コンピュータとは関係のないものでした。それが10年後ビジネスに生かされるようになるわけです。

残念ながら、現在の学びや体験が将来の仕事に生かされるかどうかは、必ずしも予測できません。そもそも10年後、世の中がどうなっているかは、誰にも予測はできないはずです。しかし、今懸命に取り組んでいることが、将来の自分を左右することになるかもしれません。

開業社会保険労務士という職業で考えても、開業前の一人一人のバックボーンはそれぞれ異なりますし、得意とする分野も様々です。かくいう私も前職の教育研修会社在職中に、会社の勧めで「キャリア・コンサルタント養成講座」を受講しておりました。
平成17年から平成18年にかけての事ですから、今から約10年前のことです。
その当時は、「キャリア・コンサルティング」が仕事として成り立つイメージが全くわきませんでしたが、現在は私の中心業務の1つになっています。

また、会社員時代にしかできない経験もあります。そしてその経験が自身の大きな糧になるかもしれません。将来どの点とどの点が結びつくかは現時点で予測することは不可能ですが、懸命に取り組んで得た知識・経験・人脈が運命を大きく変えることになるかもしれません。

何事も一所懸命・一所懸命丁寧に取り組んでいきましょう!お天道様は見ています!

 

(2015年10月10日(土) 23:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

新着記事

本日、第50回社会保険労務士試験の申込受付が終了しました。 アトは試験日までにやるべきことをやりきるだけです。 今後、模擬試験や答案練習を受けられる方も大勢いらっしゃると思いますが、必要以上に一喜一憂しないで頂きたいと思います。特に合格判定につきましては、あまり信用できるものとは思えま...

社会保険労務士試験は記憶すべき内容が膨大な量であるため、試験合格には反復学習が必須であり、長期間の学習が必要とされます。 合格に要する時間は人それぞれですが、一般的には1000時間程度の時間を要すると言われています。 ただし、誤った学習方法でこの試験に取り組むと、その数倍の時間が必要となる...

3月に入り、第50回社会保険労務士試験まで半年を切ってきました。 順調に学習が進んでいる方は今のペースをつつけていけばよい訳ですが、あまり思うように学習が進まず、悶々とした気持ちを抱いている方もいらっしゃると思います。 会社員の方は、1週間かひとつの区切りとなっていると思います。 学...

過去問題集を読み流す際に、ページをめくる手が止まってしまうのは、難問にぶち当たったときです。難問に対する対処法が、その後の学習意欲に大きく影響を与えます。 辰巳法律研究所から出版されている佐藤としみ先生の過去問題集は、難易度が3段階に分かれており、難問をスキップ(回避)しやすくなっていま...

社会保険労務士の学習は1年にわたる長期戦になります。したがいまして、モチベーションの維持には様々な工夫が必要となります。 自身の学習の進捗度を測るものに【模擬試験】がありますが、大手資格スクールのそれは、6月から7月に集中しています。これを本試験と見立てて、学習を積み重ねていっていただき...

ブログ記事 ページ先頭へ