全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 試験会場での食...

試験会場での食事

社会保険労務士試験は、大学・高校等が試験会場になっている場合が多くあります。
その場合、試験会場では食堂が営業していないケースが多く、試験会場の近くのコンビニエンスストアで昼食を調達することも考えられます。

しかし、食べてすぐ血糖値が急上昇する食べ物には注意が必要です。
おなかがいっぱいになり、頭がもうろうとした状態で試験をうけることだけは避けていただきたいところです。

血糖値が急上昇する速度を表すのが「GI値」(グルセミック・インデックス)です。
糖質は分解されると、ぶどう糖になります。「GI値」は、ぶどう糖を食べた場合の血糖値の上昇度を最大値100として、その割合を示しています。

「GI値」の高い食材は下記のようなものがあります。
「GI値」90~100【ベークドポテト・食パン・菓子パン・マッシュポテト】
「GI値」80~90【精白米・うどん・ポップコーン】

一方、上昇がゆるやかな食材は下記のようなものがあります。
「GI値」20~30【大豆・緑黄色野菜・レモン・きのこ類・海藻類】
「GI値」30~40【果物・乳製品】

「何を食べるか」ということは、当日のコンディションに大きく影響を及ぼします。
肉体的にも精神的にも、最高の状態で試験に臨めるよう、工夫してみてください!


 

 

(2015年7月26日(日) 8:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

社会保険労務士養成講座
佐藤和之 (社会保険労務士)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・伊丹・塚口・稲野・伊丹・御影・谷町四丁目

ブログ記事 ページ先頭へ