全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座大阪 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 「捨て問」で思...

「捨て問」で思考停止しない!

第47回社会保険労務士試験までアト77日となりました。大手資格学校の模擬試験を控え、最後の追い込みに入っている方も多いと思います。
ただ、初学者の方の中には、まだ過去問題集も思うように進んでおらず、気持ちばかりが焦っているという方もいらっしゃるでしょう。

改めて言うまでもありませんが、過去10年の問題が頭に入りさえすれば、少なくとも合格可能ラインには入ります。したがいまして、過去問の習得は、何が何でも最優先に取り組むべき課題です。しかし「言うは易し行うは難し」です。とにかく、わからない問題はスキップし、過去問を読み流し、繰り返し繰り返し回転させていかなければなりません。加速度をつけて、1回転にかかる時間をどんどん短縮させていくことがポイントです。その過程の中で、本当に重要な論点が頭に焼きつくことになります。

この作業の中で、最も大切なことは「捨て問」で思考停止しないということです。
択一式の問題集を読んでいく過程で、10年に1回出題されるかどうかの難問や奇問があります。ここで立ち止まってはいけません。理解できない問題があると気持ちが悪いと思いますが、「中にはこんな変な問題もある」「こんな問題はほとんどの方が解けない」と割り切って、とにかく前に進むことが重要です。特に択一式の問題集の中では、「正答肢となった肢」を重点的に読み進めてください。「バツになっている肢」の中には明らかに作問センスが感じられない愚問が含まれています。もはや、この手の悪い問題に頭を悩ませ、時間をかけている時期ではありません。躊躇なく飛ばしてください。

本当に重要なことは、加速度をつけて、毎日前へ前へ進めていくことです。
模擬試験までに、何をどこまでやるか、はっきりとやるべき学習量を定め、スピードを重視し、過去問を読み流していってください。


 

(2015年6月6日(土) 23:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

社会保険労務士養成講座
佐藤和之 (社会保険労務士)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・大阪天満宮・海老江・御幣島・塚口・稲野・伊丹・御影・...

ブログ記事 ページ先頭へ