サイタ資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 賃金構造基本統...

賃金構造基本統計調査 あの人は一体いくらもらっているのか?

昨日、ファミリーマートで「日本人の給料大百科」(別冊宝島)を購入しました。「他人がいくら稼いでいるか」は関心の高い人が多いようで、この種の書籍は、頻繁に発刊されています。例えば、ビジネスマン向けの雑誌「週刊ダイヤモンド」「プレジデント」等も同様の趣旨の書籍を発刊しています。

このデータの基になっているのが「賃金構造基本統計調査」です。「賃金構造基本統計調査」とは厚生労働省が実施している賃金に関する調査です。国内の従業員5人以上の事業所を対象に無作為に抽出された労働者の統計です。具体的には、年齢や性別や雇用形態や就業形態などを分類した上で、それぞれに支払われている賃金を調査しています。この調査は1948年に始まった「個人別賃金調査」を起源として、名称や内容の変更を経ながら毎年実施してきており、現在に至っています。

一般的に、統計数値は歴史が長いほど価値があると言われていますので、信頼性のあるデータとしてこの数値がよく流用されている訳です。しかし実際のところ、あまり信憑性があるとは思えません。例えば「日本人の給料大百科 食える職業!トップ30」におきましては、「社会保険労務士」は第16位に位置付けられていました。直近の統計では平均年収は452万円と記載されていますが、この数値は毎年大幅に変動しています。2008年の統計におきましては、「社会保険労務士」の推定年収は855万円です。この数値は職種別では13位にあたり、弁護士のそれを上回っていました。また開業社労士の収入は、この統計で反映されているわけではありません。開業社労士は従業員数5名未満の事務所が大半だからです。また、開業社労士の収入は、営業力によりピンキリですので、平均値を出すこと自体に何か意味があるとも思えません。以前社労士会で年収のアンケートが取られていましたが、収入の少ない社労士はアンケートに回答していないと思われますので、有意なデータは収集できなかったものと推察されます。

いずれにしましても、この種の書籍がよく売れており、大勢の方が読まれているのは事実です。「いくら稼げているか」は社会保険労務士の社会的地位向上のための一つのバロメーターといえるでしょう。

 

(2015年3月15日(日) 9:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

新着記事

本日、第50回社会保険労務士試験の申込受付が終了しました。 アトは試験日までにやるべきことをやりきるだけです。 今後、模擬試験や答案練習を受けられる方も大勢いらっしゃると思いますが、必要以上に一喜一憂しないで頂きたいと思います。特に合格判定につきましては、あまり信用できるものとは思えま...

社会保険労務士試験は記憶すべき内容が膨大な量であるため、試験合格には反復学習が必須であり、長期間の学習が必要とされます。 合格に要する時間は人それぞれですが、一般的には1000時間程度の時間を要すると言われています。 ただし、誤った学習方法でこの試験に取り組むと、その数倍の時間が必要となる...

3月に入り、第50回社会保険労務士試験まで半年を切ってきました。 順調に学習が進んでいる方は今のペースをつつけていけばよい訳ですが、あまり思うように学習が進まず、悶々とした気持ちを抱いている方もいらっしゃると思います。 会社員の方は、1週間かひとつの区切りとなっていると思います。 学...

過去問題集を読み流す際に、ページをめくる手が止まってしまうのは、難問にぶち当たったときです。難問に対する対処法が、その後の学習意欲に大きく影響を与えます。 辰巳法律研究所から出版されている佐藤としみ先生の過去問題集は、難易度が3段階に分かれており、難問をスキップ(回避)しやすくなっていま...

社会保険労務士の学習は1年にわたる長期戦になります。したがいまして、モチベーションの維持には様々な工夫が必要となります。 自身の学習の進捗度を測るものに【模擬試験】がありますが、大手資格スクールのそれは、6月から7月に集中しています。これを本試験と見立てて、学習を積み重ねていっていただき...

ブログ記事 ページ先頭へ