サイタ資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 単調な作業の繰...

単調な作業の繰り返しこそ真の実力をつける近道

2014年9月6日、この日、日本テニスの歴史が塗り替えられました。錦織圭が世界ランクナンバーワンのノバク・ジョコビッチを全米オープン準決勝で撃破して決勝に進みました。
グランドスラム※決勝進出は、日本人男子として初の快挙になります。(※国際テニス連盟が定める世界4大大会 全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープン)
残念ながら決勝では敗れたものの、最終的に自身の世界ランクを5位まで上げることになります。

この快進撃は、コーチであるマイケル・チャンの指導力抜きには語れないといわれています。マイケル・チャンは、身長が高い選手ほど有利であるテニスというスポーツにおいて、過去に175センチの身体でグランドスラムを制し、世界ランキング2位まで上り詰めた方です。現役時代、マイケル・チャンは自らの身体的なハンデを、激しい闘争心と強靭なメンタル、そして奥深い戦略性によって克服しました。

マイケル・チャンは、錦織に「短いボールを出して、ベースラインからコートの内側に踏み込んで打つというドリル」を徹底的に行わせたそうです。プロが行うとはとても思えないような反復練習の繰り返しを延々と続けました。10代の頃から感性を頼りにプレーしてきた錦織は、最初この単調な練習を好まなかったそうです。しかし、同じショットの基本練習を何千、何万と繰り返し、絶対にミスをしないというところまで極めることにより、メンタルが強化され、どんなにプレッシャーのかかる場面でも安定した精神状態を維持しプレーに集中できるようになったとのことです。

単調な作業の繰り返しこそ真の実力をつける近道。

社会保険労務士試験においても通用することだと思います。
つまらないと思える過去問演習の反復が、あなたに真の実力を授けてくれます。


 

(2015年2月15日(日) 11:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

新着記事

本日、第50回社会保険労務士試験の申込受付が終了しました。 アトは試験日までにやるべきことをやりきるだけです。 今後、模擬試験や答案練習を受けられる方も大勢いらっしゃると思いますが、必要以上に一喜一憂しないで頂きたいと思います。特に合格判定につきましては、あまり信用できるものとは思えま...

社会保険労務士試験は記憶すべき内容が膨大な量であるため、試験合格には反復学習が必須であり、長期間の学習が必要とされます。 合格に要する時間は人それぞれですが、一般的には1000時間程度の時間を要すると言われています。 ただし、誤った学習方法でこの試験に取り組むと、その数倍の時間が必要となる...

3月に入り、第50回社会保険労務士試験まで半年を切ってきました。 順調に学習が進んでいる方は今のペースをつつけていけばよい訳ですが、あまり思うように学習が進まず、悶々とした気持ちを抱いている方もいらっしゃると思います。 会社員の方は、1週間かひとつの区切りとなっていると思います。 学...

過去問題集を読み流す際に、ページをめくる手が止まってしまうのは、難問にぶち当たったときです。難問に対する対処法が、その後の学習意欲に大きく影響を与えます。 辰巳法律研究所から出版されている佐藤としみ先生の過去問題集は、難易度が3段階に分かれており、難問をスキップ(回避)しやすくなっていま...

社会保険労務士の学習は1年にわたる長期戦になります。したがいまして、モチベーションの維持には様々な工夫が必要となります。 自身の学習の進捗度を測るものに【模擬試験】がありますが、大手資格スクールのそれは、6月から7月に集中しています。これを本試験と見立てて、学習を積み重ねていっていただき...

ブログ記事 ページ先頭へ