サイタ資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ インプットとア...

インプットとアウトプットの繰り返し

社会保険労務士試験の学習のメインは、知識を記憶することです。
ただ、意味のわからないことを丸暗記することは難しいので、テキスト(基本書)を読んで、
理解しようとします。

ではテキストで出題範囲を読んでおけばいいのかというと、もちろんそれだけでは知識が
定着しませんし、合格(ゴール)も見えてきません。なぜならば、残念ながら、人間は覚えた
ことを次から次へと忘れていく生き物だからです。

それでも、できるだけ効率よく記憶していく方法がないわけではありません。
それはインプットと同時にアウトプットをおこない、ところどころで復習をすることです。

問題演習というアウトプットをやって、わからないところがあったらテキストに戻ってインプッ
トをやり直す。このサイクルをひたすら継続することです。

ただ初学者にとっては、問題演習で過去問を解いていくことは、かなりストレスのたまる作業です。わからない点があちらこちらで大量に発生することが予測されます。現在、過去問題集は10年分が主流になっています。大型書店に行き、資格コーナーを眺めると、ところせましと並んでいます。しかしこれらの問題集を購入し、難しい問題にぶちあたると、大半の方はそこで気持ちがなえてしまいます。その結果、問題演習から遠のいてしまう訳です。

最初は簡単な問題から始めて、成功体験をひとつひとつ積み重ねていきましょう。
簡単な問題であっても、解けることでやる気がでます。さらに言うならば、初学者は問題を解く必要すらありません。過去問を読み流すことです。出題の論点を確認するだけで構いません。わからない問題は堂々とスキップしてください。習うより慣れろです。

【参考図書】 うかる社労士 一問一答 富田朗著 日本経済新聞出版社

 

(2015年2月1日(日) 10:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

新着記事

社労士試験の受験ブログでは「模擬試験の結果に一喜一憂するな」とよく言われていますが、思い描いていた点数がとれずショックを受けている方が多いと思います。 しかしながら、模擬試験はあくまで模擬試験にすぎません。本試験とは作問者も異なりますし、合格判定も信頼性のおけるデータとは思えません。 ...

本日、第50回社会保険労務士試験の申込受付が終了しました。 アトは試験日までにやるべきことをやりきるだけです。 今後、模擬試験や答案練習を受けられる方も大勢いらっしゃると思いますが、必要以上に一喜一憂しないで頂きたいと思います。特に合格判定につきましては、あまり信用できるものとは思えま...

社会保険労務士試験は記憶すべき内容が膨大な量であるため、試験合格には反復学習が必須であり、長期間の学習が必要とされます。 合格に要する時間は人それぞれですが、一般的には1000時間程度の時間を要すると言われています。 ただし、誤った学習方法でこの試験に取り組むと、その数倍の時間が必要となる...

3月に入り、第50回社会保険労務士試験まで半年を切ってきました。 順調に学習が進んでいる方は今のペースをつつけていけばよい訳ですが、あまり思うように学習が進まず、悶々とした気持ちを抱いている方もいらっしゃると思います。 会社員の方は、1週間かひとつの区切りとなっていると思います。 学...

過去問題集を読み流す際に、ページをめくる手が止まってしまうのは、難問にぶち当たったときです。難問に対する対処法が、その後の学習意欲に大きく影響を与えます。 辰巳法律研究所から出版されている佐藤としみ先生の過去問題集は、難易度が3段階に分かれており、難問をスキップ(回避)しやすくなっていま...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、社会保険労務士レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ