全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 音読学習のすす...

音読学習のすすめ

初めて法律を学習する方は、社会保険労務士の学習を開始するにあたって、難解な法律用語と法律独特の言い回しにつまずく可能性が大いにあります。
普段使わない言葉や、やたら長い条文は慣れるまでが大変です。

この小難しい言葉に早く慣れるために、初めて法律を学習する方は、目的条文や過去出題されている条文を、声を出して読むことをお勧めします。

私が教えている商工会議所の受験対策講座では、頻出条文を受講生に読み上げてもらっています。しかしながら、多くの受講生は、なかなかすらすらとは読めません。
原因はテキストに書かれている言葉を、日常的には使っていないからだと思います。
法律の条文は、日本語ではありますが、外国語の学習と同様、声を出して読むことが効果的です。

外国語の学習において、音読は、脳科学的に見ても、非常に効果の高い学習法であることが証明されています。
社会保険労務士試験においても、特に選択式試験で、音読がきわめて効果的であるように思われます。音読で読み上げた条文は、選択式問題で紛らわしい言葉が複数候補として残った場合、直感が働きやすくなる効果が期待できます。

自宅で学習する際、すこし疲れた時や、なんとなくやる気がおきない時には、大きな声で頻出条文を読み上げてみることをお勧めします。

8月の試験当日、土壇場で意外な効果を発揮することになるかもしれません。

 

(2015年1月25日(日) 0:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

社会保険労務士養成講座
佐藤和之 (社会保険労務士)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・芦屋・住吉・大阪天満宮・海老江・御幣島・塚口・稲野・...

ブログ記事 ページ先頭へ