全国5万人が受講している「サイタ」

社会保険労務士講座(資格試験対策)

社会保険労務士講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ キャリア・アン...

キャリア・アンカー

キャリア・アンカーとは、アメリカ合衆国の組織心理学者エドガー・シャインによって提唱された概念です。
ある人物が自らのキャリアを選択する際に、最も大切な(どうしても犠牲にしたくない)価値観や欲求のこと、また、周囲が変化しても自己の内面で不動なもののことをいいます。

シャインは主なキャリア・アンカーを「管理能力」「技術的・機能的能力」「安全性」「創造性」「自立と独立」「奉仕・社会貢献」「純粋な挑戦」「ワーク・ライフバランス」の8つに分類しています。

●管理能力…組織の中で責任ある役割を担うこと(を望むこと)
●技術的・機能的能力…自分の専門性や技術が高まること(を望むこと)
●安全性…安定的に1つの組織に属すること(を望むこと)
●創造性…クリエイティブに新しいことを生み出すこと(を望むこと)
●自立と独立…自分で独立すること(を望むこと)
●奉仕・社会貢献…社会を良くしたり他人に奉仕したりすること(を望むこと)
●純粋な挑戦…解決困難な問題に挑戦すること(を望むこと)
●ワーク・ライフバランス…個人的な欲求と、家族と、仕事のバランス調整をすること(を望                  むこと)

「自分にとって本当に大事な価値観とは何か」を確認することは、社会保険労務士の学習
を継続する上で、重要な「内発的モチべーション」になると思います。
一度自分自身を棚卸し、具体的に紙に書き出してみることをお勧めします。

 

(2015年1月11日(日) 9:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

社会保険労務士養成講座
佐藤和之 (社会保険労務士)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・伊丹・塚口・稲野・伊丹・御影・谷町四丁目

ブログ記事 ページ先頭へ