サイタ資格取得講座社会保険労務士資格講座兵庫 社会保険労務士養成講座 スクールブログ 早起きで得られ...

早起きで得られる高密度の学習時間

会社員が資格取得を目指さない理由の第1位として「勉強する時間がないため」ということが挙げられます。また、資格取得のための勉強を始めても、大半の方は「仕事が忙しい」を理由に挫折してしまいます。

仕事を終え、家に帰ってから、疲れた頭で学習するのは、相当強い意志と精神力が必要でしょう。
「家にいるときくらいゆっくりしたい」そう思うのは普通です。眠い目をこすりながら学習しても能率が悪いのは明らかです。修行僧ではないのですから、苦労することに価値があるわけではありません。
しかしそれではいつまでたっても合格できません。

早寝早起きを習慣づけましょう!
夜よりも、朝早起きして頭がクリアな状態で学習したほうが、数倍効果的です。
家では集中して学習できない方は、早起きして、早めに出勤し、会社の始業時刻まで喫茶店で学習してみてもよいと思います。

朝は誰にもペースを乱されず、高密度の学習ができます。
メールや電話で思考が中断することもなく、集中して取り組めるはずです。
また、会社の始業時間までと終了時間が決まっているので、ダラダラと学習することもなくなります。

学習に行き詰ったときは、早めに寝て、次の日早く起きる。
そして早寝早起きを習慣化してしまいましょう。
これができれば、合格に大きく近づきます。是非一度トライしてみてください。

 

(2014年12月14日(日) 23:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

コンサルタント会社を経営するベテラン講師。一発合格のための学習法を伝授

新着記事

本日、第50回社会保険労務士試験の申込受付が終了しました。 アトは試験日までにやるべきことをやりきるだけです。 今後、模擬試験や答案練習を受けられる方も大勢いらっしゃると思いますが、必要以上に一喜一憂しないで頂きたいと思います。特に合格判定につきましては、あまり信用できるものとは思えま...

社会保険労務士試験は記憶すべき内容が膨大な量であるため、試験合格には反復学習が必須であり、長期間の学習が必要とされます。 合格に要する時間は人それぞれですが、一般的には1000時間程度の時間を要すると言われています。 ただし、誤った学習方法でこの試験に取り組むと、その数倍の時間が必要となる...

3月に入り、第50回社会保険労務士試験まで半年を切ってきました。 順調に学習が進んでいる方は今のペースをつつけていけばよい訳ですが、あまり思うように学習が進まず、悶々とした気持ちを抱いている方もいらっしゃると思います。 会社員の方は、1週間かひとつの区切りとなっていると思います。 学...

過去問題集を読み流す際に、ページをめくる手が止まってしまうのは、難問にぶち当たったときです。難問に対する対処法が、その後の学習意欲に大きく影響を与えます。 辰巳法律研究所から出版されている佐藤としみ先生の過去問題集は、難易度が3段階に分かれており、難問をスキップ(回避)しやすくなっていま...

社会保険労務士の学習は1年にわたる長期戦になります。したがいまして、モチベーションの維持には様々な工夫が必要となります。 自身の学習の進捗度を測るものに【模擬試験】がありますが、大手資格スクールのそれは、6月から7月に集中しています。これを本試験と見立てて、学習を積み重ねていっていただき...

ブログ記事 ページ先頭へ